ゆりゆりぐさ

要するにブログだな。

永田萌さんのイラストと私

気づけば9月も終わり。いかがお過ごしでしょうか。

あの尋常ではない猛暑もようやく収まり「やった~~~!!!」とバンザイ(∩´∀`)∩している今日この頃です。

せっかく到来した芸術の秋なので、それらしく本の紹介でもいたしましょう。

 

先日、すっかり整理された絵本の棚を何げなく覗いたところ、とてもとても懐かしい物を発見しました。

もう長いことしまいっぱなしになっていたそれは、子ども時代の私の心をつよく捉えて離しませんでした。

一輪ざしのバラード (1981年)

一輪ざしのバラード (1981年)

 
妖精村通信―わたしの好きな少女たちへ… 永田萠画集

妖精村通信―わたしの好きな少女たちへ… 永田萠画集

 
妖精の季節―永田萠画集 (1980年)

妖精の季節―永田萠画集 (1980年)

 

イラストレーター・絵本作家、永田萌さんのイラストで彩られた、妖精がテーマの本でした。

聞くところによると、母が昔これらの本を取り寄せていたそうで。

カラーインクを使って、可愛らしくて可憐な妖精や少年少女の世界を色鮮やかに描く永田さん。そこに添えられるは、永田さんもしくは詩人のきのゆりさんによる、これまた可愛らしく時にお茶目でちょっぴり大人っぽいポエム。

空想や創作、物語世界が大好きな小学生だった私は夢中になって読みふけりました。

(水彩絵の具で描いていると先日まで見事に勘違いしておりましたが。。。)

大人になった今読み返しても、当時と変わらず瑞々しい気持ちにさせてくれます。加えて、当時漠然と大人っぽい印象を抱いていたポエムの一部が、これまで重ねてきた人生により少し味わえるようになっていたり……

 

そして、ふと、自分の絵のことを振り返りました。

近年ツイッターピクシブ等でイラストを発表することが増えた私ですが、そこで時々「かわいい」「自分が既に失った純粋な可愛さがある」「優しさが溢れてて胸が温かくなります」といった感想をいただくことがあるのです。

「あれ、これ…もしかして、私が昔永田さんのイラストを見て感じていたことそのものじゃない?!」と、それこそイナズマが直撃したような衝撃を覚えました。

学生時代もずっと絵を描いていて、漫画家になることを本気で考えていた時期もありましたが、私よりもずっとカッコいい作画や面白い創作をする人はたくさんいます。

何が他人にウケて評価されるのか、自分が何を目指せばいいのか分からずにとても悩んで、無理やり自分らしくない作風を目指して必死に背伸びしていた時期もありました。

けれど、そうして悩んでいる間もずっと、永田さんの描く妖精やメルヘンの心はずっと心の中にいたのです。

永田さんの絵と過去にいただいた感想を改めて見返すことで、それを再発見しました。

私が愛してやまないのは、やっぱり、子どもの心、無垢で可愛らしいメルヘン・ファンタジーの世界なのだと。

私はこんなにも、永田さんの影響を強く受けていたのだなと、気づかせる出来事なのでした。

 

永田萌さんみたいな、見た人の心を癒す優しい絵が描きたい。

今の私の夢というか、ひとつの目標になりつつあります。

 

 

  ―☆おまけ☆―

永田萌さんのマネージメントを行っている株式会社妖精村のHPがありましたので、リンクを貼っておきます♪

一部作品の閲覧も出来るそうなので、ご興味のある方はぜひ(^^)

www.yohseimura.co.jp

2つのおでかけ

平成最後の夏も終わりますね。読者の皆様はいかがお過ごしでしょうか。

私は例によってお盆商戦が待っておりましたが、それを乗り越えた後、立て続けに2つのお出かけがあったので、その思い出を書かせていただこうかと思います。

 

25日(土)

この日、私が卒業した高校の同窓会総会に出席しました。

私が同窓会のクラス代表役員になっていたからというのもありますが、お世話になった先生が講演にいらっしゃるとの一報を受けて、聞きにいったのです。

その先生はもう80代を越えており、卒業した高校が昔の名前だったころにお勤めでした。当時私の担任だった先生が、私の大学入試の志望理由書を添削するためにご紹介いただいたのでした。

先生と実際にお会いしたのは在学中に1度きりで、大学時代や社会人になってからはずっと手紙で交流を重ねていました。

教職員として高校で過ごした日々や、定年後の生きがいや暮らしを語られた先生のお話は、生き生きとした素晴らしいものでした。出席された他の同窓生の方とともに、笑ったり頷いたりしながら聞き入りました。

前の比較的目立つ席に座っていた私に、先生はすぐ気づかれたそうです。そして、講演後にご挨拶した時も「お勤め、頑張ってね」と言ってくださりました。

後日送らせてもらった感想の手紙にも「私の講演をどんな気持ちで聞いてくれたのか分かって嬉しい」と、お褒めの言葉をたくさんいただきました。

同窓会や講演が終わった後、今度は担任の先生とかつての教え子の方、そして私の3人で、市内の小さな食事処で食事をしながら語り合いました。先生のイチオシだった人生初のグリーンカレーは、辛みが効いてておいしかったです。自然と近況や今後等の話も弾みました。

2人の恩師の先生との交流を通して、仕事で忙殺されていた心が潤いを取り戻して伸び伸びしていくのを感じました。

SNS等での、顔を合わせることのない関わりが珍しくないこの時代、顔を合わせて話せる人との関わりを大切にしたいと思います。

 

29日(水)

博多で開催されていた、U-FES Museumとcafeに行って来ました。

YouTubeに動画を上げて活動している人気YouTuber。そんな皆さんが毎年一堂に会するお祭りイベントU-FESの歴史を振り返る展示会U-FES Museum、そしてYouTuberの皆さんがプロデュースしたカフェメニューが食べられるというU-FES Museum cafeが、全国5か所で開催されたので、博多会場のイベントに足を運びました♪

こちらは写真があるので掲載しますね(*^^*)

f:id:Yuri-La0x7z:20180902123001j:plain

博多の書店内で開催されていたU-FES Museumの入り口の写真です。

中には写真パネルや映像、実際にYouTuberのみなさんが動画・イベントで使用した衣装や小道具などが展示されていました。「あ、これあの人があの動画内で作った物だ!」みたいな感動を味わいましたね~(^^)

f:id:Yuri-La0x7z:20180902123523j:plain

f:id:Yuri-La0x7z:20180902123534j:plain

こちらは天神パルコ内のスイーツパラダイスで開催されていたU-FES Museum cafeでいただいたメニュー。福岡限定メニューの釣りよかパスタ(コラボ元:釣りよかでしょう)と、鳥。(コラボ元:Fischer’s)の2品です。

パスタは、ふんだんに使われた魚介のうまみを感じられてとっても美味しかったです。鳥のから揚げは全く違う3種類の味が楽しめる、食べるごとに驚かずにはいられない楽しい一品でした。大満足です♪

ミュージアム・カフェどちらも、若い人でいっぱいでした。カフェでは来店したほとんどの人がYouTuberコラボメニューを注文しており、店内でも「あ、○○さんの映像だ!」などという会話を頻繁に耳にしました。

今や動画サイトは、テレビやラジオと比べても負けない、若者文化をリードする存在になっていて、YouTuberと呼ばれる動画投稿者さんは、タレントの新しい形・あり方を示しているんだと強く感じたものでした。

 

過去を尋ね、今を巡る。

私の”夏休み”を彩ってくれた、対照的と言っても過言ではない(かもしれない)2つのお出かけの思い出は、私を大きく広げる糧となるような気がしています。

お墓じまい

先週、親戚の人たちが集まって、お墓じまいをしました。

私の実家のすぐ前には、親戚一同で代々伝わるお墓があるのですが、お墓の清掃・管理が出来る人が少なくなったため、中のお骨を取り出してお寺の納骨堂に納めることになったのです。

地方の高齢化とか過疎化とかが叫ばれて久しい日本ですが、今回このお墓じまいの話が持ち上がったことがきっかけで、改めてその深刻さを実感することとなりました。

 

お世話になっている住職の方に来ていただいて、お経を唱えた後、お墓からお骨(骨壺)を出したのはよかったのですが……

なんと、私の祖父以外の壺には名前がかかれておらず、誰が誰のか分からないという珍事が発生(; ・`д・´)

こういう形で先祖のお墓を動かすことになるなんて、当時の人たちは多分想定していなかったでしょうし……それが少し関係あるかもしれませんね。

ただ1人名前が書かれていてはっきり分かった、祖父の遺骨と対面。

お墓に納められていたご先祖様の中で、唯一私がはっきり分かる人。

私が5歳の時にあの世に旅立ったので、記憶はあまり多くはないですが、豪快で、皆に慕われ、いつも病床から私に気さくに話しかけてくれた祖父。

懐かしさに思わず「おじいちゃん!」と呼びかけた私なのでした。

還暦の母

先月、といってもほんの数日前ですが、母が誕生日を迎えました。

60歳。還暦です。

いつも元気に働いている母がそんな年齢を迎えるのは、なんとなく遠い未来の話のように感じていた自分がいましたが、遂にその時がおとずれたのです。

 

母が私や兄を産んだのは30歳を過ぎてからのことで、同世代の人たちに比べると少しだけ高齢なのです。

改めてそれに気づいたと、母に打ち明けてみると

「そうだよ。若い人は20歳ぐらいで子ども産んだりするんだから。アンタと同世代の子のお母さんでも、若い人は45歳ぐらいだったりするのよ」

と話してくれ、直後に「悪かったね?(笑)」とおどけてみせるのです。

ということは……

"その時"が訪れるのが、もしかしたらその分他の同世代の人達よりも早いかもしれないということなんですよね。

ただでさえ仕事は大変なのに、離婚も経験し、私や兄のことでずいぶん迷惑をかけたのに、それでも悲しんだり落ち込んだりしている姿を見せたことはない母。

私が出来る最大のことといえば……

やっぱり、ちゃんとした一人前の人間であること。

何事も親に頼りっぱなしにしない、恥ずかしくない自分にならなくちゃ。

 

そんな母が、幼い私の色々なお祝いのたびに買って来てくれたのは、ケーキ。

誕生日当日、仕事が終わったあと、まだ営業しているケーキ屋さんはないかと探して、母の好きそうなケーキを悩みながら選び、買って帰りました。

それは幼い頃に自分がしてもらったことの真似ではあるけれど、

「母さん……、ハッピーバースデイ!」

幼い頃のお返しが、少しでもできたでしょうか。

「落ち込んでいる暇はない」

世の中にはそんな言葉がありますが、

昔、まだ世間のことをよく知らない学生だった頃は、それはこの世で最も不幸なことの1つだとさえ思っていました。

「落ち込む気持ちも、大事な自分の一部。そんな自分の心さえも自由にできないなんて」と感じていました。

 

でも社会に出て働き始めると、失敗して落ち込むことのほうが多くて、ろくに務めが果たせない自分のことが何度嫌になったか知れません。

そんな仕事において私は、時間を区切って2つの部門の仕事をこなしています。朝からはメインの部門で仕事をし、夕方からのもう1つの部門での仕事に間に合うように何でも終わらせなければいけません。

まさに「落ち込んでいる暇がない」のです。

メインの部門での失敗から「あれはこうすれば良かったんだな、次は気をつけよう」「これは今初めて知ったからな、次からしっかりやろう」とある程度答えを得たなら、もう気持ちを切り替えて次の部門の仕事に臨みます。

やがて、これは意外と思ったほど不幸なことじゃない、むしろ場合によっては幸せなことなんだと思うようになりました。

悩みから心を楽にする方法の1つが、悩みの種から距離を置いてみること。

ずっと悩みに憑りつかれてどっぷり落ち込んでたら、心も身体もズタボロになって最悪死んじゃったりしますからね。。。

 

落ち込みから回復するのに人一倍時間がかかってしまう自分ですが

浸かりすぎず、退けすぎず、気持ちのさじ加減を見ながらうまく付き合って生きていくのが一番だと、今は思います。

もう1つのグッバイ

前回のエントリーで、うごくメモ帳3D作品投稿コミュニティ向け最後の投稿作品を紹介させていただきましたが、

実はつい昨日、タイトル通りもう1つ「グッバイ」がありました。

それは……

 

今の職場との別れでした。

3月半ばに異動が発表されまして、私は2年間勤めた今の職場を離れて、別の店舗で勤務することになりました。

昨日は最後の仕事を終えてから、職場内で会う人会う人に「今日までお世話になりました」の挨拶をして回りました。

いつもいつもそそっかしくて失敗ばかりして、キツめに叱られることも珍しくなく(最終日にもちょっとしたしくじりがありました汗)正直、仕事における自己肯定感なんてあったもんじゃない自分でしたが

異動が発表された時は「ゆりらちゃんがいなくなったら、ウチの作業場回らなくなるかもしれないから大変だわ。。。」と言われたり、

昨日は挨拶した他の従業員さんから「向こうでも頑張ってね」「たまには来てね^^」と温かい言葉を数多くいただきました。

こんな私でも、歯をくいしばって頑張り続けて、実は皆さんのお役に立てていたんだと改めて感じることが出来ました。

私もしかしたら、見てない所でうるうるしてたかもしれません(ノД`)・゜・。

 

今はただ、新しい職場でもめげずに、一日一日少しずつでも進歩できるように頑張ろうという思いを噛みしめています。

最後のうごメモ作品「グッバイ My dear うごメモライフ」

数日前ですが、任天堂の「うごくメモ帳」作品投稿のための有料オンラインサービス・ワールドうごメモギャラリーに、すっごく久しぶりに作品を投稿してきました!

f:id:Yuri-La0x7z:20180329110706g:plain

タイトルに「グッバイ(Good-bye)」とある通り、ワールドうごメモギャラリーにアニメ作品を投稿するのはこれが最後となります。

というのも、来月の2日……来月といってももうすぐ、あと数日ですね。ギャラリーのサービスが終了するのです。

ニンテンドー3DSソフト『うごくメモ帳 3D』「ワールドうごメモギャラリー」サービス終了のお知らせ|サポート情報|Nintendo

そこで、今までに投稿した4つのアニメ作品に登場したキャラクター達に総登場していただき、今までの歩みを振り返ることをコンセプトに制作しました。

このブログにも、その4作品を掲載しております↓

yuriyurigusa.hatenablog.com

一番古い作品ともなるともう5年くらい前になるんですね。久しぶりに当時のキャラクターを描いてみると、画風がかなり変わっていたり、中には「ここ形ハッキリしないな?!人体の構造理解しないで描いたな?!」なんてツッコミを入れたりもして、自分の技術の変化を感じました。

 

サービスが開始されて間もない2013年10月から、細々と作品を投稿し続けてきた私。

その頻度は決して多い方ではありませんでしたが、作品を見ていただいたり、逆に私が見に行ったことがきっかけで仲良くなった方も少なからずいらっしゃいます。

前のうごメモはてなでたくさんの出会いや思い出があったのと同じように、今作うごメモ3D、そしてワールドうごメモギャラリーでも素敵な出会いや思い出が生まれました。

そんな場を提供してくださった任天堂様、そして出会ってくれた方々に感謝をこめた作品に仕上がっていれば幸いだと願わずにいられません。

 

さてさて。実はこれ……

未完成なんです。Σ(; ・`д・´)Σ(゚Д゚;)

本当は前後にさらにシーンがあって、ギャラリーに投稿した作品には音楽がついてたりするんですけど、制作ペースなどの諸事情あって今紹介できるのはこれだけなんです。

間に合わなかったシーンを追加し音楽もつけた、いわゆる完全体の作品を早ければ4月終わりごろ、遅くても5月中を目標に、YouTubeの自分のチャンネルで公開したいと思って制作がんばっております!

公開されましたら、このブログでも報告させていただくと同時に、ここで書ききれなかったうごメモへの思いなども語っていこうと思います。

頑張りますので、引き続き応援いただけると嬉しいです!