読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆりゆりぐさ

要するにブログだな。

ブログをはじめたきっかけ(お題スロットチャレンジ・12月)

お題「ブログをはじめたきっかけ」

今年最後のチャレンジですし、こんなお題で書いてみたいと思います。

とはいえ、すごく昔に一度書いたことがあるのですが(汗)新しい読者様が多くなったので、まぁいいでしょう(←

 

私ゆりら、はてなブログを始める以前、この株式会社はてなさんが提供していた「うごメモはてな」というサービスのお世話になっていました。

年に1~2度このブログで連載しているうごメモ漫画『希望の風サティ』を、途中まで連載していたのでした。そこで自分の漫画を楽しんでくれる方々とたくさん知り合い、自分でコンテンツを制作・発信する楽しみを知りました。

しかしそのサービスが終了するという発表があり、漫画は打ち切り。

実際にサービスが終了するまでの間、今後どうするか悩みました。その中ではてなブログの存在を知り「ブログで私の作品を発表したり、普段考えていることを綴ったりするのも楽しいだろうな」と考えて、始めたのでした。

 

私と同様に、うごメモはてなの終了に伴い、はてなブログへと活動の場を移した方も数多くいらっしゃったようです。

あれから随分、年月が過ぎました。

最初はうごメモはてなで知り合った方、それに関連して知り合った創作好きさんとの交流が多かったのですが(当時から今でもお付き合いのある方もいらっしゃいます)

今はどちらかというと、元うごメモはてな利用者ではない方々がブログの読者としていらっしゃることが多いように感じています。

当時知り合った創作好きさんの多くは今、主にツイッターで活動しているようです。

そんな読者さん層の変化に伴い私も、ブログでは創作物を発表するよりも本格的に文章を綴ることの方が増えました。

年月が人を変えることはそう珍しくありませんが、こんなに変わってしまったのかと意識する度に、どことなく寂しさを覚えるのは何故なのでしょうか。

あの頃仲良くしてくださったあの人は、今どこで何をしているのでしょう。。。

 

 

  ―☆おまけ☆―

今年1年かけて挑んだ「月一・お題スロットチャレンジ」ついに達成です!

一度中止したことはありましたが、自分でやると決めて1年間取り組めました♪

応援してくださった読者様、ありがとうございました☆(^∀^)☆

トモコレ新生活だより 特別復活号(写真あり)

新しい読者さんがかなり多くなってきて、知らない人の方が多いかもしれませんので、まずはご紹介。

私は以前、任天堂から発売された3DSソフト『トモダチコレクション新生活』について紹介記事を書き

yuriyurigusa.hatenablog.com

そこで若干の反響をいただいたため、月に一度このゲームで起きたおもしろい出来事をおたよりにして連載していたことがあります。

トモコレ新生活だより カテゴリーの記事一覧 - ゆりゆりぐさ

昨年11月をもって一旦最終回とさせていただいたのですが、その後も報告したい出来事が色々起こりましたので、1年ちょっとぶりに、今日限りの特別復活とあいなりました!(*´▽`*)イェーイ♪

 

f:id:Yuri-La0x7z:20161203153914j:plain

気がつけば冬。島も雪化粧ですわね。

さぁて島の住人はみんな元気にしているかしら~ウフフフ~?

お~い、私~!

f:id:Yuri-La0x7z:20161016170342j:plain

……って、アレ?

 

f:id:Yuri-La0x7z:20161016170538j:plain

ぎょええ~~~!?!?

オバァになっとるやないか~~い!!

いや待て待て、50年ってそんなはずは…(つд<)ゴシゴシ

f:id:Yuri-La0x7z:20161016170703j:plain

っは、よかった……夢か何かだったようだ……。

 

最終回から1年ちょっと。この間ほんとうに

f:id:Yuri-La0x7z:20160201231054j:plain

いろいろ

f:id:Yuri-La0x7z:20161119171023j:plain

イロイロ

f:id:Yuri-La0x7z:20161215105430j:plain

色々なことがあったのですが、

まずご報告しなければいけないのは他でもありません…!

f:id:Yuri-La0x7z:20160210104933j:plain

f:id:Yuri-La0x7z:20160210104941j:plain

f:id:Yuri-La0x7z:20160210131134j:plain

ゲーム内のゆりらに、待望の子どもが生まれました…!

ゲームを始めて2年ぐらい待った甲斐あって、可愛い女の子を授かりました♪

ん~?しかしこの子……

f:id:Yuri-La0x7z:20160213121150j:plain

私とダンナ様のどっちにも似てないぞ…?どういうこったい?

f:id:Yuri-La0x7z:20160213091850j:plain

不思議に思いながら育ててみると、あら不思議。成長したその子は……

f:id:Yuri-La0x7z:20160215100418j:plain

f:id:Yuri-La0x7z:20161119174452j:plain

私が制作中のうごメモ漫画『希望の風サティ』の主人公・サティだったのでした!

(自分の考えたキャラをMii化するのはこれが初めてです。。。^^)

 

私以外にも、さつき島ではこの1年でたっくさんの子どもが生まれました!

はてブロ読者さん関係で少し紹介させていただくと……

f:id:Yuri-La0x7z:20160828181937j:plain

シーフさん(id:siihu)の息子ひろし君

f:id:Yuri-La0x7z:20160217102418j:plain

こはのさん(id:mayu1212)の息子しんたろう君

f:id:Yuri-La0x7z:20160830180646j:plain

f:id:Yuri-La0x7z:20160428095743j:plain

2人とも一人前に成長し、元気に旅立って行きました。

f:id:Yuri-La0x7z:20151024121657j:plain

なんとなんと、4世代目の子まで誕生!

島の歴史は、これからも末永く続いていきそうな予感です。。。

 

以下、住人との何でもない会話。

f:id:Yuri-La0x7z:20160611103618j:plain

バンドをやるなら?! 難しいなぁ~。う~ん……

f:id:Yuri-La0x7z:20160611103641j:plain

楽器よりも歌が得意だし、ボーカルかなぁ♪

f:id:Yuri-La0x7z:20160611103648j:plain

f:id:Yuri-La0x7z:20160618140545j:plain

すまんね、目立ちたがりで。

 

f:id:Yuri-La0x7z:20140808124403j:plain

おたよりの途中ですがここで、この1年の様々なニュースをまとめてお伝えします。

f:id:Yuri-La0x7z:20161215110205j:plain

【観測史上最高の寒さ】(2/22)

2016年は日本全国で大変な寒さを記録しましたが、さつき島でも上空を覆う強い寒気の影響で、観測史上最高の冷え込みを記録しました。

街では道路や河川だけでなく、建物や空気までもが凍りつき、一面の銀世界となりました。大変きれいな風景が広がりましたが、立って歩くのは不可能だったとか。

f:id:Yuri-La0x7z:20161215110503j:plain

【幻か?伝説のケンタウロス目撃される】(3/31)

伝説の生き物とされてきたケンタウロスを、さつき島の北部で目撃したという情報が寄せられ、一時話題沸騰となりました。

目撃者の話では、ケンタウロスは群れをなして勢いよく山を登っていったとのことですが、話には矛盾が見られた他、目撃写真が偽造された疑いがあるとして事情聴取まで行われたようです。

結局真偽のほどは定かではないようで。

f:id:Yuri-La0x7z:20161215110414j:plain

【ルビーのペンダントが返される】(8/22)

住人さやか氏が、ルビーのペンダントを何者かに盗まれるという事件が発生。

しかしその後、さやか氏がガッカリしながら家に帰ったところ「ちょっと借りました」と書かれたメモと共に、ルビーのペンダントが元通りに返されているのを発見しました。

警察では、犯人には急にルビーのペンダントが必要になった理由があるものとして、慎重に調査を進めています。

 

様々なニュースが飛び交った、激動のさつき島。

激動といえば、やはり恋愛関係は欠かせない!

f:id:Yuri-La0x7z:20160904175932j:plain

この人、知らなかったのかな…?

ゼルダはか~~なり前に、リンクと結婚しましたよ。

f:id:Yuri-La0x7z:20160904175946j:plain

f:id:Yuri-La0x7z:20160904175956j:plain

こんな感じで実らぬ恋も、多々ありましたが。。。

と、これが何か関係あるのかは知りませんが、つい本日……

f:id:Yuri-La0x7z:20161215110705j:plain

夫婦ゲンカ勃発~!ひぇえ~!

ダメだよ!謝っておいでよ…!

f:id:Yuri-La0x7z:20161215110754j:plain

というわけで謝りに行く勇者リンク。

画面奥のゼルダちゃんが、プンスカ怒ってるのが分かりますかね~?(>_<)

f:id:Yuri-La0x7z:20161215110807j:plain

 

f:id:Yuri-La0x7z:20161215110814j:plain

ほぉっ、よかった~ (;´・∀・)=3

このままこじれて離婚しちゃったら、私まで凹むところだったよ。。。

f:id:Yuri-La0x7z:20161215110828j:plain

めでたし、めでたし♪

 

さて、こちらは?

f:id:Yuri-La0x7z:20160413115938j:plain

音楽堂にて今、恋の舞台の幕が上がろうとしていました。

f:id:Yuri-La0x7z:20160413115951j:plain

さすが芸術をたしなむ満蔵さん(id:jammioe)、告白のセリフがロマンチックです。

場所も相まって余計に……

f:id:Yuri-La0x7z:20160413115955j:plain

って、おい?!

誰だ!アドリブにも程があるぞ!

f:id:Yuri-La0x7z:20160413115959j:plain

舞台の山場で横入りが!

ちょっと、照明さんも何やってるの?!(笑)

f:id:Yuri-La0x7z:20160413120003j:plain

  ダッ

f:id:Yuri-La0x7z:20160413120007j:plain

        クルクルクルッ

f:id:Yuri-La0x7z:20160413120009j:plain

            スタッ

f:id:Yuri-La0x7z:20160413120014j:plain

f:id:Yuri-La0x7z:20160413120029j:plain

f:id:Yuri-La0x7z:20160413120036j:plain

やまちゃん、どうする……?

 

 

 

 

 

f:id:Yuri-La0x7z:20160413120046j:plain

f:id:Yuri-La0x7z:20160413120054j:plain

ふわぁ~……よかったですね満蔵さん!

しかし、スポットライトが悲壮感を演出し過ぎです。。。(苦笑)

まあ、色々あるさ。だって人生だもの。

 

波乱含みの展開もあったようですが、こちらはめでたく円満ゴールイン!

f:id:Yuri-La0x7z:20160922101907j:plain

読者の星哉さん!おめでとうございます♡

f:id:Yuri-La0x7z:20160922102015j:plain

新婚旅行はカンボジアでした♪2人ともノリノリで楽しそう!

f:id:Yuri-La0x7z:20160922105229j:plain

星哉さんもこれから、素敵な家族になっていってほしいものですっ!

 

 

f:id:Yuri-La0x7z:20160331095620j:plain

今日も、島の時間はゆったりと流れていきます。

『クサレゲドウ-真実と虚実-』から考える、人間と悪

このブログでは度々、YouTubeで活動中のゲーム実況グループ「漫言放語研究所」の皆さんのことを書いてきましたが、今回はずっと前から書きたかった、研究所に関係するとある物について、自分なりに考えたことを綴りたいと思います。

 

漫言放語研究所では普段、任天堂をはじめとするメーカーが発売したゲームをプレイし、その過程を動画に記録しているのですが、

研究所で企画・制作されたオリジナルシリーズの動画が投稿されることもありました。

そんな研究所オリジナルゲームの第3作として制作され、今年の4月~夏までにプレイ動画が投稿されたのが『クサレゲドウ-真実と虚実-』です。

ホラー風味のRPGで、難易度からバトルのシステム、ストーリーなど、全てが集大成と位置づけられた意欲作です。プレイ動画のサムネイル(本でいう表紙のようなもの)が毎回実況者さん描き下ろしのイラストだったことからもその意欲が感じられました。

   ~シリーズ第1話の動画~

www.youtube.com

   ~物語のあらすじ~

人里離れた森の奥に、ひっそりと佇む廃れた屋敷。

その屋敷には、世にも恐ろしい“クサレゲドウ”が出るという噂がある。

そんな噂を聞きつけ、肝試しにと屋敷にやってきた5人の若者が行方不明になる事件が発生した。

この事件の一報を受けた女神町の警察官・鷹本仁(タカジン)は捜査に乗り出す。

凶悪な指名手配犯3人組・通称ゲストリオとの出会い、3人の親分格でマフィアのボス・ゲストリの祖母の誘拐事件、時をほぼ同じくして起こった、町一番の高級レストランでの大量怪死事件……

様々な事件を追うタカジンはやがて、世界の存亡に関わる大混乱へとその身を投じていくことになるのであった。

 

名作ゲームへのリスペクトを多数含みつつも雰囲気満点の舞台設定、尖った個性を多数持った魅力的なキャラクター達、巧みで壮大なストーリー等、とにかく見ごたえのあるゲーム動画でした。

語りたいことは色々ありますが、ここではタイトルにもなっている、作中の世界で伝わる都市伝説的存在・クサレゲドウについて、かいつまんで触れたいと思います。

醜い老人男性の姿をしたそれは、雷の閃光と轟音を伴って現れる者。人間を骨格だけ残して溶かす霧を発生させる者。人知を超えた存在。名前を口にするのさえタブー視されるほどの危険な存在。

しかし遠い昔、実はクサレゲドウは普通の人間だったのです。

あまりに醜い容姿をしていたという彼は少年期、周囲の目に耐えられなかった両親に捨てられ、親戚も誰一人として彼を引き取ってはくれませんでした。

以来友達もなく、独りぼっちで生きた彼。教育は全て独学で学び、科学に没頭した彼はいつしか実験に明け暮れ、多くの人々を殺していくようになります。

そんな彼を、人々は蔑み恐れて「クサレゲドウ」と呼ぶのでした。

しかし彼にもたった1人、自分のことを受け入れてくれる少女との出会いがありました。彼女の協力のもと、クサレゲドウと呼ばれた彼は皆と本当に仲良くなろうとしましたが……

彼は人々に殺され、森の奥の屋敷にひっそりと葬られたのでした。

少女は「彼はみんなと仲良くしたかっただけなのに…」と、泣きながら人々の元を去り、二度と戻ることはありませんでした。

彼は生前、こんなことを書き残していました。

「みんな私の苦しみが分からないから、こんなことをするんだ。

みんなにも私の苦しみを味わせる。そうすれば……トモダチになれる。」

 

こんなクサレゲドウの人生をとおして私は、悪とはなんぞや、ということについて深く考えさせられました。

このゲームには幾つか、物語を象徴するキーワードが登場するのですが、その中にこんな物もあります。

「理由のない悪など存在しない」「本当に悪なのはどちらだ」

確かに彼は生前、そして死後もなお多くの人を殺した。

でも、もし皆が彼の醜い容姿を馬鹿にせず、普通に一人の人間として接していたら、彼の魂は死後、こんな凶行に及ぶことも無かったかもしれない。

気づいた時にはもう、理解する余地はないのかもしれない。しかし、非道な行為を行う者たちには、全てそこに至る理由があるのだと思うのです。

実際私はこの動画を見て以来、ニュースなどで凶悪な殺人やテロ事件などのニュースを見る度に(何が彼・彼女をこんな凶行に駆り立てたのだろうか?生まれながらにこんな悪人ではなかったはず…この人は一体どこで何を間違えてしまったのだろう…)と考えるようになったのでした。

心から幸せに生きていきたい。その願いはきっと、皆一緒のはずなのに。

 

本当はここに更に、巨大な意志による陰謀など様々なものが絡んでくるのですが……汗

雰囲気程度のホラーなら大丈夫!という方にはぜひ見ていただきたい傑作動画です!

悪の定義、人間など、色々考えていただきたいと願ってやみません。

   ↓再生リストへのリンク↓

【#70】自作RPG:③クサレゲドウ−真実と虚実−(完結) - YouTube

 

 

  ―☆おまけ☆―

こんな素晴らしいゲームを世に送り出してくれた漫言放語研究所さん、今年チャンネル登録者の数が1万人の大台に乗ったそうです!おめでたい!(*´▽`*)

これからも是非、私たちをあっと驚かせる魅力的なコンテンツを発信し続けていただきたいものです♪

演奏できる楽器(お題スロットチャレンジ・11月)

お題「演奏できる楽器」

その楽器と出会ったのは、高校1年生の時でした。

オカリナです。

高校一年の時、総合学習の時間の中で陶芸体験があり、そこで手作りのオカリナを作ろうということになったのです。

完成したオカリナで曲を練習し、その年の学園祭で演奏をする計画だったそうです。

オカリナがどんな物であるかについては、小さい頃に見た任天堂のゲーム「ゼルダの伝説時のオカリナ」で知っていたので

ゼルダの伝説 時のオカリナ

ゼルダの伝説 時のオカリナ

 

「え~?!リンク(ゲームの主人公の名前)が吹いてたあのオカリナ作って吹くんだ!私リンクみたいじゃないですかやだ~♪」と、ノリノリでした。

丹精込めて粘土を練り、型を正確に取り、中の空洞を綺麗にきれいに整えて。

完成したオカリナは、それはそれは澄んだ音色を響かせ、私の心はあっという間にそのオカリナを演奏できる喜びで満たされました。

でも、そうしてノリノリだったのは私だけ。

他のクラスメイトは「何?オカリナとか知らねぇわw」「ステージでみんなの前で演奏なんてやだ~」という感じで、中には作ったのに割れてしまった人もいました。

なんと学園祭で演奏する人は、私だけになってしまったのです。

 

それでも、大好きなオカリナを奏でられる喜びが大きすぎて、全校生徒の前で1人で演奏するプレッシャーなんてへっちゃらでした。

毎日夢中になって練習し、全校生徒の前で「涙そうそう」「テルーの唄」の2曲を演奏しました。

終わるや否やものすごい反響があり、先生・生徒問わずたくさんの人から「ゆりらさんすごいね!」「演奏、素敵だったよ!」と言われたのです。

友達も少なく、いじめも経験した、青春なんて言葉とは程遠い義務教育時代を過ごした……私の中で大きな自信が芽生え始めた瞬間でした。

学園祭2日目、外部からの来場者を迎えてのステージでも演奏し、見に来た母が「あんたの演奏聞きながら口ずさんでいた人もいたよ!すごいね!」と教えてくれました。

それからの私の活躍(?)は、自分で言うのもおこがましいですが凄まじく……

2月の予餞会ではアンジェラ・アキの「手紙 -拝啓 十五の君へ-」(この時はクラスメイトのみんなが歌に合わせた手話で参加してくれました!)

2年生になってからは、中学生向けの体験入学で学校の校歌。

その年の予餞会では、みんなのうたで放送された「ありがとうさようなら」

更には学外でも、地元のローカルテレビの番組にクラスで出演したことがあり、そこでクリスマスソングメドレーを披露したことも☆彡

曲のレパートリーが自主練習でどんどん増えるとともに、毎年何かしら演奏の機会が設けられ、高校時代は「ゆりらさんと言えばオカリナ!」と認知されていたようでした。

後輩たちの間では「オカリナ先輩」というニックネームがつけられていたらしく、大学に入ってすぐの頃に、偶然街中で出会った高校の後輩から「オカリナ先輩~!」と呼ばれた。。。なんてこともあるほど(笑)

オカリナを通して様々な経験をし、自分に自信が持てるようになった。

私にとってオカリナはただ演奏できるだけじゃない、人生の大きな転換点になった、そんな楽器なのです。

 

そのオカリナも、手作りなので時間とともに劣化し、今では高い音がかすれて昔のように吹けません。

思い入れがあったのにな、寂しいな…と思っていた今年3月でした。

高校の時を含めて長いことお世話になった、私のことをよく知ってる先生がプレゼントしてくださりました!

添えられていた手紙によると、台湾旅行中にこのオカリナを見かけた時、私のことを思い出して買ったのだとか。

なんて可笑しくて嬉しいことなんでしょう…!

私と、この小さな楽器とのご縁は、これからも長いこと続きそうです。。。

とある悪役に捧げる空想手紙

あなたは5年前の今日、任天堂Wii用ソフト『ゼルダの伝説スカイウォードソード』で、鮮烈なデビューを果たされましたね。
そのゲームは、ゼルダの伝説シリーズ25周年記念作品という位置づけで発売され、それまで続いてきたゼルダの伝説シリーズの「始まりの物語」を描くというものでした。
あなたはそんな『スカイウォードソード』の中で、封印された魔王の復活を企てる謎の青年として私たちの前に立ちはだかりました。
歴代シリーズの悪役としては珍しい、線の細くて中性的な容姿が目を引いたあなたですが、いざ蓋を開けてみると超ド級のナルシストだったり、変態呼ばわりされても致し方ない言動が多かったり、あげく物語の終盤では、儀式と称した捨て身のダンスまで披露して。
こちらの世界には「残念なイケメン」という言葉がありますが……ええ、申し訳ないことに私は、あなたほどその言葉が似つかわしい人を他に知りません。


しかし、私はある日気づいたのです。
あなたは本当は、世界中の誰よりも一生懸命で、誰かを一筋に思い続け、そして孤独と悲しみを湛えた人なんだと。
スカイウォードソード」には幾つかのキャッチコピーが存在します。その中の一つが「大切な人の、助けになりたい」でした。それは主人公だけでなく、ヒロインにも、ゲームに登場する多くの人物にそれが言える。それがこのゲームの物語。
無論あなたもそうです。
あなたの場合、助けになりたいのは自分の主……封印された魔王様。
しかし、あなたの野望は再三にわたって、勇者をはじめ多くの妨害を受けてきました。私だって、そうして妨害した一人。
そして魔族たちの長という立場上、プレイヤーでもある勇者とちがって誰にも頼ることが出来ない。手下の魔物たちしかいない。ある意味で一人ぼっちのあなたの旅路は、いつも怒りと憎しみの中にあったのかもしれないと気づいたのです。
とても想像を絶する苦境のはずなのに、私たちの前ではいつもお高くとりすましていたあなた。一体その胸中には、どんな苦しみがあったのでしょう。
勇者とあなたは、きっと紙一重。
なのに、見る者の違いで、どうしてこんなに遠く隔てられてしまったのでしょうか。


それでも最終的にあなたは主である魔王を復活させ、己の使命を成し遂げるのです。その魔王も、最後は勇者に討ち取られました。
あなたの主は言いました。「これは終わりではない、始まりなのだ。勇者と魔族の戦いは、悠久の時の果てまで輪廻をえがく」と。それが、始まりの伝説であるこのゲームの結末。
それからというもの、魔族たちは長い歴史の中で何度も神の国ハイラルを脅かし、勇者たちとの戦いを繰り返しました。時折そんな歴史の中に姿を現す、魔王の復活を企てたと伝わる者たちの中に、私はどうしてもあなたの影を探さずにはいられないのです。
私の世界でも、人はみな平和な世の中を願いながら、どこかでいじめや殺人、戦争、悲しみや憎しみが絶えません。
人間がいなくならない限り、善と悪の戦いは終わらないのでしょうか。
それは、私の生きるこの世界も、あなたが主である魔王様に捧げたかったそちらの世界も同じなのでしょうか。


おっとと、暗い話ばかりですみません!
それにしても、その後のあなたの活躍は目覚ましいものがありましたね。3年後の2014年には『ゼルダ無双』でプレイキャラとして参戦したり。『大乱闘スマッシュブラザーズfor3DS/WiiU』ではアシストキャラクターとして少しだけですが登場したり。
早いもので、今年はゼルダの伝説シリーズ30周年ですって。今年はその記念にと、色々なことがあっているみたいですよ。
ただ少し残念なのは、昨年夏に任天堂の岩田社長がお亡くなりになってしまったこと。一緒にゼルダ30周年をお祝いしたかったなぁ。彼の下でWiiが世に送り出されなければ、あなたが存在しなかったかもしれないんですから。


あちらの世界にとっては大事になりそうですが、私はきっと、あなたとまたどこかで会えるような気がしています。
それでは、あなた様の益々のご健勝を心よりお祈りいたしております。


f:id:Yuri-La0x7z:20161121145326j:plain

魔族長ギラヒム様

お絵描き祭りに参加しましたレポ

お久しぶりです!

やっと今月、仕事の連勤が落ち着いてきたので、久しぶりの更新です。

 

昨年、YouTubeで活動中のゲーム実況グループ・漫言放語研究所の皆さんが開催したイラストコンテストに参加し、アナログイラスト部門の大賞をいただいたことを報告させていただきましたが……

yuriyurigusa.hatenablog.com

今年もそのイラストコンテストが「お絵描き祭り」と企画名を変えて開催されたので、私も昨年に引き続き参加して参りました!

お祭りラジオの動画を、今年も貼っておきます↓

私のイラストは57:34頃から出てきます。


【漫言放語研究所】2016年度お絵描き祭り|秋ラジオ

今年は「ハロウィン」「クリスマス」「」の3テーマから選択して描くとのことだったので、私は秋をチョイス。

研究所の皆様が投稿した動画シリーズの中で生まれたオリジナルキャラクター達が、運動会で盛り上がる様子を描きました。

今年は昨年から目に見えてレベルが上がったうえに、自分も仕事や他の応募イラスト等があってなかなかこの作品だけに力を注げなかったのですが……

オータム賞(秋部門応募作品の中から選ばれる優秀作品賞)の受賞ということで、めでたく2年連続の受賞と相成りました。

 

実は今回のお絵描き祭り、自分の絵の持ち味や魅力を再確認する良い機会になり、とても印象的なものになりました。

ネットやイラスト投稿雑誌などで度々イラスト巡りをしていると「この絵、ミステリアスで尖った雰囲気がいいなぁ」「私にはこんなスタイリッシュでカッコいい絵は描けないや」などと、自分が描けないような持ち味の作品を見てはため息をついていました。

今年のお絵描き祭り開催のお知らせを聞いた時も「去年を越えるような絵、描けるだろうか。。。」と、勝手にプレッシャーを感じていたものでした。

しかし、アイデアが固まり制作に取り掛かると、だんだんキャラクター達の盛り上がる声が聞こえるような気持ちすらして、楽しくなってきました。

そして私の絵を見て審査をしてくださった研究所の皆様からも「昔の心を思い出させてくれた」「見ていて元気が出ますね」というお言葉をいただきました。

そんな皆さんの感想を聞いた私は、前にこのブログでも紹介した、高校の修学旅行の記録をマンガに描いた時のことを思い出し、

yuriyurigusa.hatenablog.com

ああ、これだ!これが私の絵が持つ力だ!と確信しました。

私の絵にはまだ、アンニュイさやダークな雰囲気などを表現する力は不足しているかもしれないけれど、それ以上に誰かをワクワクさせる明るい力があるのかもしれない。

前はデッサンの狂いだったり色遣いだったり、短所や足りない部分を克服することばかり考えていましたが、今はなんだかとてもすがすがしくて、もっと自分の良さを大切に伸ばしていこうと心から思っています。

 

研究所の皆さん、素敵な企画を本当にありがとうございました。

これからも応援しています!☆(*^▽^*)☆

不幸せ比べ

先月この話が報道されてからというもの、実はずっと心に刺さり続けて、それでも記事にする勇気がなかったのですが、思い切って書きます。

www.sankei.com

私と年齢が一つしか違わない女の子。月に100時間以上残業させられ、休日もろくに休めず、睡眠時間は1日2時間ほど。あげく「君の残業時間は会社にとって無駄」「女子力が無い」だのパワハラを連日受け続けるだなんて。

彼女を取り巻いていた不条理を知れば知るほどショックが大きくなっていきました。

私の会社、そして働いている環境は、こんなに劣悪じゃありません。

むしろ人が聞いたら、羨ましがられるレベルだと思います。

残業はせいぜい月10~20時間ほど。その分の残業代は申請することできっちり支払われる。通常午後8時には仕事は終わり。休日は月9日。

何か仕事中に出来てないことがあったりしても、被害女性のような人権を踏みにじられるような叱られ方はしないし、職場の皆様は優しい方がとっても多いです。

 

だから。

ぶきっちょで仕事が早く出来ないとか、今いる部門の上司が怖くて話しづらいとか、お客様の突拍子もない言動に頭の中が混乱してキツかったとか……

そんな私の苦労なんて、大したことじゃないんだ。

所詮、1日休みさえすれば平気になる程度だし。

できない自分が悪いっていう、それだけで済む話なんだ。

誰かに打ち明けるに値しないんだ。

しばらくの間そんなことを考えてしまって、本当に辛い時期がありました。

今でも正直言うと、少しだけ辛いです。

ツイッターでこんな呟きを漏らしたこともありました。

そんな時。

こんな救いの手を差し伸べてくれたのは、はてなブログで知り合ったはるまさん(id:harudama)という方でした。

これを見て、かなり気持ちが楽になった気がします。

ああ、自分の辛さは自分の辛さでいいんだな。と。

そう考えられるようになって、大分落ち着いてきたような気がします。

 

しかし残念ながら、電通の事件が大きく報じられた時、自分の残業時間と比較する声が多数上がったり、大学教授が「それぐらいで死ぬとは情けない」と発言したり。

辛さ比べ・我慢競争とも言える現象が見られました。

www.j-cast.com

不幸せなことが起こる社会であってはならない。

と同時に、自分と誰かの不幸せを秤にかける社会であってはならない。

そう思います。