ゆりゆりぐさ

要するにブログだな。

最後のうごメモ作品「グッバイ My dear うごメモライフ」

数日前ですが、任天堂の「うごくメモ帳」作品投稿のための有料オンラインサービス・ワールドうごメモギャラリーに、すっごく久しぶりに作品を投稿してきました!

f:id:Yuri-La0x7z:20180329110706g:plain

タイトルに「グッバイ(Good-bye)」とある通り、ワールドうごメモギャラリーにアニメ作品を投稿するのはこれが最後となります。

というのも、来月の2日……来月といってももうすぐ、あと数日ですね。ギャラリーのサービスが終了するのです。

ニンテンドー3DSソフト『うごくメモ帳 3D』「ワールドうごメモギャラリー」サービス終了のお知らせ|サポート情報|Nintendo

そこで、今までに投稿した4つのアニメ作品に登場したキャラクター達に総登場していただき、今までの歩みを振り返ることをコンセプトに制作しました。

このブログにも、その4作品を掲載しております↓

yuriyurigusa.hatenablog.com

一番古い作品ともなるともう5年くらい前になるんですね。久しぶりに当時のキャラクターを描いてみると、画風がかなり変わっていたり、中には「ここ形ハッキリしないな?!人体の構造理解しないで描いたな?!」なんてツッコミを入れたりもして、自分の技術の変化を感じました。

 

サービスが開始されて間もない2013年10月から、細々と作品を投稿し続けてきた私。

その頻度は決して多い方ではありませんでしたが、作品を見ていただいたり、逆に私が見に行ったことがきっかけで仲良くなった方も少なからずいらっしゃいます。

前のうごメモはてなでたくさんの出会いや思い出があったのと同じように、今作うごメモ3D、そしてワールドうごメモギャラリーでも素敵な出会いや思い出が生まれました。

そんな場を提供してくださった任天堂様、そして出会ってくれた方々に感謝をこめた作品に仕上がっていれば幸いだと願わずにいられません。

 

さてさて。実はこれ……

未完成なんです。Σ(; ・`д・´)Σ(゚Д゚;)

本当は前後にさらにシーンがあって、ギャラリーに投稿した作品には音楽がついてたりするんですけど、制作ペースなどの諸事情あって今紹介できるのはこれだけなんです。

間に合わなかったシーンを追加し音楽もつけた、いわゆる完全体の作品を早ければ4月終わりごろ、遅くても5月中を目標に、YouTubeの自分のチャンネルで公開したいと思って制作がんばっております!

公開されましたら、このブログでも報告させていただくと同時に、ここで書ききれなかったうごメモへの思いなども語っていこうと思います。

頑張りますので、引き続き応援いただけると嬉しいです!

うごメモ作品「電波塔の少年」

f:id:Yuri-La0x7z:20150503162933g:plain

本日、ワールドうごメモギャラリーに作品「電波塔の少年」を投稿しました。

 

なんとびっくり、1年1ヶ月ぶりのうごメモ新作です!(`・ω・´)

谷山浩子さんの曲イメージうごメモ、第4弾♪

電波の少年が、大好きな「君」に会いに行く。けれど電波は受信機が無い限り、その存在に感づいてもらえることはない……そんな切ない曲です。私が特に気に入っているのは中盤、少年が電波になって飛行する所ですね。とにかく思い通りの動きを描けるように、それはもう下書き段階でこだわりました。

実は冬の公開を目指して、忙しさの合間をぬってちまちま描いていたのですが、動きにこだわって描いていたところ、描く枚数が尋常じゃなく多くなりました。何と総ページ数最高記録、590枚越えです(?!)

再生速度が速かったのも絵の枚数が多くなった原因ではありますが、イメージとしてはこれくらい滑らかでないとダメだったんです。それも妥協したくないポイントでした。でもこの速さの作品は、きっともう当分描かない。^^;

ちなみに作品の終盤で後ろ姿だけ出てくる女の子がコートを着ているのも、冬の公開を想定していたという理由からです。しかし気がつけば初夏。

 

先ほど気がついたのですが、私が投稿したうごメモ2作目「ガラスの巨人」3作目「地上の星座」そして今作と、共通して夜景を描いているんです。

夜景三部作とか名づけちゃおうかな?(笑)

そして今度は、もう少し違うテーマの曲に挑戦してみたいです。

 

元ネタ曲はこちら↓

電波塔の少年 - YouTube

 

私の過去作たちです。ご興味があれば↓

向こう側の王国

ガラスの巨人

地上の星座

あなたの好きなリンク(コンテスト入選作品。YouTubeに飛びます)

うごメモ作品「地上の星座」

  f:id:Yuri-La0x7z:20140407154940g:plain

本日、ワールドうごメモギャラリーに作品「地上の星座」を投稿しました。

 

谷山浩子さん曲イメージ作品、第3弾です♪

私が谷山さんの曲から随分とインスピレーションを受けて作品を作っていることは、何度もブログに書いてきましたが、今回もまさにそれです。

今回の作品のヒントを少し話させていただくと、谷山さんが昔住んでおられたというマンションの10階から見えた東京の夜景が歌になった、とのお話をベスト盤アルバム「花とゆめ」のライナーノートで読みました。なので夜景からイメージを膨らませて、幻想的で美しい星座の世界を表現しようと思ったわけです。

地上の星座……、本当に素敵な表現ですよね~。ガラスの巨人の歌詞「見下ろせば街は/星の海のよう」と並んで、夜景の表現の中で特に好きです。

 

元ネタの曲は幾つかバージョンがあるのですが、私がイメージしたバージョンがニコニコ動画の方にしかございませんでした。

リンク貼っておきますので、良ければ是非!(ニコニコ動画に登録していないと見られないのがすごく残念…。)

 地上の星座 ‐ ニコニコ動画:GINZA

 

今までの作品へのリンク集↓

向こう側の王国

ガラスの巨人

あなたの好きなリンク(コンテスト入選作品。YouTubeに飛びます)

 

 

 ―☆お知らせ☆―

こちらも谷山さん関連作品。ゆりら文庫で曲イメージ小説「悪魔の絵本」の連載始めました。

サイドバーのリンクか、こちらからどうぞ。

うごメモ作品「ガラスの巨人」

f:id:Yuri-La0x7z:20140125210921g:plain

本日、ワールドうごメモギャラリーに作品「ガラスの巨人」を投稿しました。

 

谷山浩子さんの曲イメージ作品、第2弾でございます!

この曲は、谷山さん楽曲の中でも特に好きです。世界観がとても美しくて、機会があれば是非とも映像化に挑戦したいと考えていました。(ただし一方で谷山さんの「地球滅亡三部作」の1つと言われていたり…!)ついに念願叶って、うごメモでアニメをつけることが出来ましたよ♪

作品制作もですが、キャラクター(特にガラスの巨人)のデザイン作業も楽しかったですね~。巨人は、少し人間とかけ離れた感じにしたい……と色々考えた結果、最終的に何だか東京スカイツリーみたいなデザインに落ち着きました(笑。

全体の仕上がりは、かなり頭に浮かんだイメージに近いと思います。ただ、曲を聞いて1から忠実に浮かんだストーリーをそっくりそのまま作品にしてしまったので、何と驚きの520ページ超えです(;^^;)

次回以降はもう少しだけ頭の中を整理して、長くなり過ぎないようにしようと反省しています。まあ、たまにはガッツリと長編みたいにやるのも良いでしょうが。

 

前回の「向こう側の王国」や「あなたの好きなリンク」を制作した時のノウハウ(3D効果の付け方、色の塗り方etc...)が、ここにきて大分活かせるようになってきました。更にこの作品を制作中に「うごくメモ帳」のソフトの更新があって、色々と便利になりましたし♪

これでますます作品制作がしやすくなって、もはや向かう所敵無しですね!(?)

……あれ~、やっぱり家のパソコンで見ると、途中から動きがガクガク~(T T)

 

元ネタの楽曲がYouTubeにありました!興味のある方は下記リンクからどうぞ↓

谷山浩子 ガラスの巨人 - YouTube

ぜひ見てください♪

前々回の記事で、「あなたの好きなリンクうごメモコンテストに、入賞しました~!」という報告をさせていただきました。お祝いのコメントをたくさんいただけて、本当に嬉しいです。ありがとうございます!

でも、3DSやうごくメモ帳3Dをお持ちでない方に見ていただけないのが残念だな~……なんて話していましたら、

なんと!

うごメモはてなブログにて仲良くさせていただいている、ピカすーさん(id:pikamemo)から「YouTubeうごメモ3Dの公式チャンネルがあって、作品がアップされていますよ~」とコメントにて教えていただきました!!

ということで、リンクだけ貼らせていただきます。リンクだけに(くだらねぇww)

動画サイトの大きな画面で、ご覧ください♪

 

ゆりらさんの「あなたの好きなリンク」 - YouTube

 

もしかするとコメント欄からすでにご覧になった方もいるかと思いますが、ぜひコメントにて感想をいただけると嬉しくて空を飛びます(笑)

教えてくださったピカすーさん、本当にありがとうございました!

そして、こういうのがあると知らなかった私の、アホ~~!!(泣。

やったぁあああああ!!

皆さん、速報です!

 

「あなたの好きなリンク」うごメモコンテスト 優秀作品に選ばれました!!

いぇ~い!\(*≧∀≦*)/

やった~!!☆

 

いやいや、何だかもうさっきから嬉しすぎて、心の中ではくるくる舞い踊っています(笑)

入賞の知らせは、ワールドうごメモギャラリー運営からのお知らせで拝見しました。

その時の様子↓

f:id:Yuri-La0x7z:20131226184810g:plain

f:id:Yuri-La0x7z:20131226184855g:plain

※2番目は心の中です。

 

前回のエントリーにも書いたのですが、締め切りの45分前に滑り込みで応募したんですね。そこまでかかるほど、制作には時間が無かったんです。日付をまたぐような真夜中まで作業することも連日ありました。

さらに大学では学科をあげた毎年恒例の発表会が控えていたので、その準備と両立しながらの制作だったんです。

全く、我ながらよくそんなムチャをしたな?と、今になって思いますが^^;

そんなギリギリの状態でしたが、支えとなったのは皆様がブログに寄せていただいた応援コメントでした。時々、制作が思うようにいかなくて「はぁ、何で私こんなことやってるんだか…」と弱気になりかける私だったのですが、皆様の心強いエールに、何度後押しされたことか!読んでいると、ニヤニヤが止まりませんで(笑。

皆様にはもう感謝し尽くせません。でも、何度でも言わせてください。

本当に、本当にありがとうございました!

 

今回のコンテストでは、「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」という作品の物語を題材にしたメモを制作しました。

私以外の入賞作品も見に行って参りましたら、なんと同じ作品がテーマのうごメモがいくつかありました!皆大好きな作品なんだなぁ…って、思いましたね。

 

ぜひ、「うごくメモ帳3D」をお持ちの方は、ご覧いただけると嬉しいです!コメントや評価をつけることはできませんが。

ワールドうごメモギャラリー → イベント → コンテストの結果発表と進んでいただければ、私の作品があります!(告知)おそらく来月の前半ぐらいまで公開されているものと思います。

ただ、うごメモや3DSをお持ちでない方に見せられないのが、す~~~っごく残念です(泣。実は、インターネット上にアップされているわけではないので…。でもここに載せようとすると、色々問題がありそうですし。そのうちどっかのウェブサイトか何かで紹介されやしないか、なんて思う今日この頃です(苦笑。

 

 

多分、今年の新規エントリーはこれが最後だと思います。次回の更新は新年1月1日の予定です!

一年の最後に皆さんにこんな素敵な報告ができて、私はすごく嬉しいです!ありがとうございました。

それでは、良いお年を!!

うごメモ作品「向こう側の王国」

f:id:Yuri-La0x7z:20131005144642g:plain

本日、ワールドうごメモギャラリーに作品「向こう側の王国」を投稿しました。

 

これ、実は私の好きな女性のシンガーソングライター・谷山浩子さんの同名の楽曲からイメージを広げて制作したというやつです♪

私、この方の曲が大好きなんです。聞いた人が聞いた人なりに、色々なイメージを自由に抱けるような、そんな幻想に満ちた作風のとりこになっちゃいました。

このメモも、私が歌を聞いて私なりに抱いたイメージを形にしたものです。あくまで私のイメージなので、これが正解とかではないです!(きっぱり)

また、歌詞とか曲調から淡く浮かんだイメージなので、あまり具体的な物でもございません。ぜひこれを見た皆さんの方で「これはどんな物語だ?」「この後どうなる?」という具合で想像力をたくましくしていただければ嬉しいです♪(聞きようによっては丸投げwww

えらく長くてデータ量もデカいので、もしかしたら若干動きがガクガクしてるかもしれませんスミマセン(汗。DSで見ると動きがスムーズなんですが…。

 

前の記事にも書きましたが、私は前のうごメモではマンガ一本で活動してました。(たまにブログ代わりの雑談メモも投稿してましたが)

それが何でこうやってアニメ作品を作り出したかというと、…端的に言えば「憧れ」と「疑問」です。

元々、うごメモこと「うごくメモ帳」は、パラパラマンガ風のアニメ作品を作って楽しむことが目的のソフトでした。はてなさんの「週刊うごメモはてなニュース」で紹介されるすごいアニメ作品に感動し、その作家さんが輝いて見えた日々。そんなわけで、もちろんマンガもすごく楽しかったのですが、自分の遊び方に疑問が無いわけではありませんでした。

で、今回のうごメモ3D発売は、うごメモ本来の遊びに立ち返った創作に挑戦しようという、まさに絶好の機会だったわけです。「これを機に心機一転、私ならではのすごいアニメを作って、人気作家にのし上がってやるぜ~!」と決意し、今日に至るのでした。ちゃんちゃん♪

なんか、野心丸出しで本当にモウシワケナイ(笑)

こんな奴で良ければ、これからも応援してやってください。

 

元ネタになった曲は、ニコニコ動画の方にあるようです。私CDで聞いたけど動画は見れない…(泣笑。