読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆりゆりぐさ

要するにブログだな。

2020年五輪とレスリング

今日のニュースから。

レスリングが2020年のオリンピックの競技から外れる候補になったことを受けて、子どもたちが街頭で署名活動を行ったそうです。インタビューに答えていた男の子が「夢はオリンピックで金メダルをとること。無くならないでほしい」と話す姿が印象的でした。レスリングの存続を訴える活動は、今も日本各地で盛んに行われているようです。

 

今回レスリングが除外される候補になった理由としては、ルールがわかりにくいこと、人気がなくてテレビ放送での視聴率がとれにくいこと、存続を呼びかけるロビー活動が行われなかったこと…などがあげられているんだとか。

私はこれを知って「……?」と思いました。

オリンピックはそもそも、「参加することに意義がある」と言われるような、全てのスポーツ選手が目指す最高の、神聖な舞台であり、人気だったり根回しだったりとは切り離して考えるべきだというのが私の持論です。

でも最近のオリンピックは商業的な要素、もう少し簡単にいえば大衆ウケとかテレビ中継した時の視聴率とかを気にしすぎて、肝心のスポーツマンシップがどこかに追いやられている部分があるのではないかと思います。

せっかく最高の舞台を夢見て厳しい練習に耐えて、その中でたくさんのことを学び成長したのに、そのチャンスが人気だの分かりやすさだのという事情で奪われるというのは、理不尽な気がしてなりません。

もっと本当に大事なことが尊重される世の中にならないものか。それはもう無理な世の中になってしまったのか。

一人そんなことを思ってしまいます。