ゆりゆりぐさ

要するにブログだな。

ディベートしたぜ!

いや~、ここんとこ猛烈に、強烈に、激烈に忙しかったですよ~(汗。

何がそんなに忙しかったかというと、授業でやるディベートの準備です。

知らない人もいるかもしれないので、解説しますね。ディベートとは、とある論題について賛成と反対の立場に分かれて議論をする、試合形式の討論……って感じです。片方が話してる最中に言い返したらいけないとか、立論・質問・反ばくの順番に話していくとか、細かいルールがたくさんあるんです。聞いた話の内容を的確に理解したり、自分の意見を分かりやすく論理的に伝えたりする訓練になるんですよ~。

で、私は今日のディベートで、最初に意見を明らかにする立論を任されて、資料を集めたり話す文章を考えたりして大変でした~。

しかも論題が「日本は憲法9条を改正すべきか、否か」だって。 Σ(゜Д゜;))

大人でも結論出すの大変な問題だぞこれ!…って私ハタチで大人だった(笑)なんつって。

 

恥ずかしい話をしよう。

私は高校の時、国語の授業の中でディベートをやったことがあったんですけど、その時最初に私が立論を話して、相手チームのするどい質問を受けた時、なんとも答えることができなくて、うろたえた挙句泣いてしまいました(汗。

その時の苦い経験があって、今日の試合の前も不安でいっぱいでした。ところが、今日はあの時よりも大分落ち着いて、自分たちのチームの主張に基づいて冷静に答えることができたのです!

あの時と今日と何が違ったのかな……と考えてみて気づいたこと。高校でやった時は準備らしい準備もなく、ほとんど即興でした。今回は立論を作るにあたって資料をたくさん読みこんだり考えたりしたので、意見がしっかり定まっていたんですね。

下準備って大事なんだなぁと感じました。ディベートに限らず、何事も。

 

ちなみに私は今日のディベート、否定側(改正しちゃダメ!っていう方)で挑み、チームメイトの人と協力し、僅差で勝ちました!やったね♪