ゆりゆりぐさ

要するにブログだな。

沖縄慰霊の日に思う

今日6月23日は、沖縄県が制定した記念日「慰霊の日」です。

1945年のこの日、太平洋戦争において日本で唯一の地上戦が行われた沖縄戦が終結したと言われています。沖縄では今日、沖縄全戦没者追悼式が開催されました。

 

ここからは一般論や議論されている様々な物事もあるでしょうが、私自身が沖縄戦について感じることを、私の言葉で書いてみたいと思います。

私は沖縄戦の記憶を伝える象徴的な物として、「さとうきび畑」の歌が真っ先に思い浮かびます。森山良子さんによる歌唱が特に有名でしょうか。

私は高校の授業で、この歌ができた経緯を知りました。作詞・作曲をされた寺島尚彦さんは沖縄に行き、緑の波をたてるさとうきび畑を見ました。その時、寺島さんに同行したガイドの方がこう言いました。

「今あなたが立ってるその足元には、戦争で亡くなったたくさんの方々のお骨が今も埋まっているのです。」

その時寺島さんは、風の中にはっきりと、戦争により無念の死をとげた人々の悲しみと怒りの叫びを聞いたそうです。

沖縄から帰った寺島さんは、沖縄戦の悲劇を伝える歌を作り始めました。しかし、その時に聞いたさとうきび畑の風の音が、どうにも上手く表現できず苦悩したとのことです。サワサワという静かな音などではなく、しかしザワザワでもない……。そして「ざわわ」というフレーズにたどり着いた時、すでに何年もの歳月が経っていたそうです。

 

寺島さんのこの話に、私もまた衝撃を受けました。何もしていない人々が燃え盛る炎や銃弾の嵐から逃げまどい、挙句「自決」と言って自らその命を絶つ。当時の人々はどんなことを思ったのでしょう。こんな所で死にたくない。生きて、平和な世界で自分の理想の人生を追い求めたい。そう思ったはずです。

こんな悲劇はもう二度とあってはならない。みんなが安心してその命を全うできる世界であってほしい。そんな自分の願いを確かめ、沖縄の悲劇を少しでも忘れまいとするから、私はこのブログでこういう話をしているのかもしれません。

私に出来ることはわずかかもしれませんが、せめてその記憶を何かしらの形で伝えていけたら…。そんな時、私はこの歌の力を借りたいと思うのです。