読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆりゆりぐさ

要するにブログだな。

「違う」って素敵だね

学校・勉強 思うこと

突然ですが、このブログをご覧のみなさん!

今から、紙と何か描くものを用意してください!(鉛筆でもボールペンでも何でも可)

そして、以下の文章を読んで、思いついたままに絵を描いてみてください。(画力は一切問いません!)

 

「良く晴れた穏やかな海の上を、大型船が走っています。船の煙突からは、煙が後ろへ長く尾を引いています。」

 

描けた方は、「続きを読む」ボタンを押してみてください。

(できれば、絵を描いてみてから見てほしいです~!!)

 

 予言をします。

「今あなたが描いた船は、左を向いて進んでいる!そして煙は、画面右へ向かって伸びている!」

どうですか?私の予言、当たりましたか?

実はこれ、私の大学のゼミの先生が教えてくれた、その人の文化的価値観を見るテストのようなもの。

このテストを色々な国の人達にやってみると、不思議なことに日本人は、左向きの船を描く人が圧倒的に多い(8割~9割、左向き)らしいです。諸外国は大体、右向き・左向き半分ぐらいずつあるそうなのですが。

先生曰く、日本の文化やメディアによって無意識に植え付けられた観念のようなもの、らしいです。ちょっと面白いでしょ?

 

で、ここからが本題。

私が初見でこのテストをやった時に描いてしまったのは、セーラー服の人が、水平線の向こうに小さくなって消えていく船の後ろ姿を見送っている絵でした。煙は画面の奥から手前に流れていくように描きました。

先生に言わせるとそのような絵を描く私は、「世界でもあまり多くない、極めて特異な思考の持ち主」らしいです。 Σ(゜□゜;)実際、先生の授業を受けていた60人以上の学生の中でも、そんな絵を描いたのは私だけ。(そしてやはり大半の人の船は左向き)

その時私は、「すげー!私すげー!!www」という感動半分。「はぁ、私が他の人と違うことが証明されちゃった…。」という気持ち半分でした。

私は実際、他の人と物事に対する考え方・感じ方がちょっと変わってて、小・中学生の頃はイジメも経験しました。何で自分がそんな目に合うのか分からず、嫌な思いをたくさんしたものです。

でも、高校になってからぐらいでしょうか。だんだん自分の周りに、考え方を分かってくれる同世代の友達が増えてきて、他人とちょっと違う考え方のできる(をしてしまう)自分が好きになっていけました。

「私にしかできない思いつき・表現方法は、きっと何か私ならではの大きな武器になるんじゃないかな」と。

今は、左でなく水平線の向こうの新世界へ向かう船を描ける自分のことが好き。そして、人と違うことで今は悩んでいる人に心から伝えたいと思います。

「人と違うって、自分だけの可能性を秘めているっていう素敵なことなんだよ!」って。