読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆりゆりぐさ

要するにブログだな。

参議院選挙、公示

ニュース

今日、参議院選挙が公示されました。さっきからテレビのニュース番組は選挙一色です。

今回の選挙を、私は特別な気持ちで迎えています。なにしろ二十歳になり、選挙権が与えられて初めての選挙ですから!

ついに私は大人の仲間入り、政治に関われるようになったのか!と思うとめちゃくちゃ感慨深いです。誰に投票するか、しっかり情報を集めて考えたいなって思いますね。

 

そんなわけで投票に行く気満々マンの私ですが、選挙の投票率の低下が叫ばれて久しい今日この頃の日本。せっかくの機会なので、最近の選挙の投票率を調べてみました。

前回の参議院選挙(2010年,菅内閣)の時が選挙区・比例区ともに57.92%。2012年の衆議院選挙(野田第3次改造内閣)の時が59.32%だそうです。(情報はどちらもWikipedia

皆さんは数字を見てどう思いましたか?私は「ひっっっくい!!!」と思いました。考えてみれば、選挙権がある人の半分弱が投票してないんですよこれ。人数に直すと大体4000万人が投票してない。

何で、せっかく投票する権利があるのに投票しないの?!投票しようよ!!って思っちゃいますが、これにはきっと行かない人なりに色々理由があるんですよ、多分。

考えられる理由その1。「いや~投票したいのはやまやまなんだけど、投票所まで行くのが大変なんだよね~…。」という高齢の方とか障がいのある方。このような方たちが選挙に行けるよう、自治体とか市民の協力が必要ですね。

理由その2。「誰に投票したって、何も変わらないでしょう!」

はい、これ深刻。きっとこう思ってる人めちゃ多いんじゃないかなって推測しますし、気持ちは分からんでもないです。私も正直に言うと、ひところ政治家不信強かったですから。

でも、この国を支えてくれる人を選べる権利はとても大切です。何でもそうなんですけど、一部のやる気がある人に全部お任せして自分は何もしない。何か決めようとすると文句だけは言う。これでは事は前に進みませんよね。だから、自分の行動に責任を持って代表にゆだねる。勇気がいるけどむちゃくちゃ大事なことなんですよ。

 

今月21日、投票。政治はあまり詳しくないけど、私なりに一生懸命考えて、悔いのない選択をしていきたいです。