読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆりゆりぐさ

要するにブログだな。

九州北部豪雨から1年

自然・季節 ニュース

去年の7月、私たちにとって忘れがたい出来事がありました。

九州北部豪雨

私はちょうどあの被災地のあたりに住んでいるので、雨がたっくさん降ってもう大変でした。私の家もほんのちょっとですが浸水しましたし。(裏の小屋に水が入って来た><;)

まあほんのちょっとだったんで、7月中にはきれいに片付きましたが。

 

あの大雨に関して、忘れられないエピソードが1つ。

その日は平日で私は学校に行かないといけなかったのですが、大雨で電車がストップ。どうしたもんかと途方に暮れていた時。たまたま、中学・高校と仲良くしていた友人の妹さんがおりました。

その人に勧められて友人の家にしばしお邪魔させていただいていたところ、なんと友人のお母さんが、大学まで送ってくれると言ったのです!

そして、降り続く大雨も冠水した道路もなんのその!ってな感じでバッシャンバッシャン言わせながら車を突っ走らせ、本当に大学まで送ってくれたのです!おかげでなんとか大学の一時間目の授業に間に合うことができました。

大雨の道ほど危ないものはないですよね。どこがどうなってるのか分からず、下手したら車が浸かって動かなくなる危険もあるし、山辺の道路など走ろうものなら土砂崩れだって心配だし。そんなリスクを冒してまで、実の子どもでもない私を大学まで送り届けてくれるなんて…!

たまたま用事のある方面が一緒だったのもあるでしょうが、そのお母さん曰く「娘があなたに本当にお世話になったから」とのこと。

その友人はけっこう人付き合いとか苦手な感じで、孤立しがちだったのです。でも、私と仲良くなってから本当に変わってきたらしくて、お母さんは本当に私に感謝してるんですって。

その友人のお母さんの勇敢なる行動と決断には今でも本当に感謝しきれないし、私にそういうことをしてあげたいと思わせたことが、嬉しいようなこっぱずかしいような、なんだか不思議な気持ちです。////

 

あの豪雨災害から1年。まだまだ復興は進んでないけど、

誰かと協力する気持ちを忘れず、力合わせて頑張ってる人たちが、ここにいます。