ゆりゆりぐさ

要するにブログだな。

「スカイウォードソード」よもやま話

改めて自分のブログ見直してみたら、ゲームタグの記事が1つしかないことに気づいて、せっかくだからと書いてみる。

今、私が時間を見つけては遊んでるゲームがあります。

Wiiソフト「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」という、アドベンチャーゲームです。これは、ゼルダの伝説シリーズ25周年記念作品にして、私が初めて自主的に挑戦したアドベンチャーゲームなんです。元々は兄が遊んでいるのを横から見ていたんですが、ストーリーやキャラクターなどに強く惹かれて「こんなに好きなら、自分で遊んじゃえ!」と思い立って始めました。

空に浮かぶ島スカイロフトに暮らす少年・リンクが、行方不明になった幼馴染の少女・ゼルダを助けるために、ファイという名の精霊とともにまだ見ぬ大地へ冒険の旅に出る!…という感じのストーリーでございます。

先日、古の大祭殿というダンジョンをクリアしました。まだやっと半分以上終わったところでしょうか。しかしアドベンチャー慣れしておらず、あわてんぼう・地理苦手・不器用・怖がりな私はとっても苦労しました(><;)ダンジョン内で迷子になるわ、ボス戦中はパニック起こすわで、やっとボス倒してクリアした時はもうグッタリ放心状態でしたww(´Д`|||)

 

私は小学校3~4年生ぐらいの頃から、このゼル伝シリーズの主人公・リンクが大好きでした。勇気があってカッコよくて、正統派勇者って感じで。

ところがこのゲームの中で、新たに強く興味を抱いたキャラがいます。ギラヒムという、敵キャラにして物語の超重要人物だったりします。前述の古の大祭殿のボスも彼でした。

見た目とか、言動がちょっと…アレで(笑、明らかに自分の美意識に反する~(って言ったら失礼なことこのうえない)部分もありますが、発売前にゲーム雑誌で情報を見ているうちにだんだん惹きつけられていきましたね。

何でやろな~と思ったんですが、最近その答えが見つかりつつあります。

このゲームにはキャッチコピーがあります。その一つが「大切な人の、助けになりたい」。これは主人公リンクに限らず、ゲーム中の色んなキャラクターに同じことが当てはまるんです。無論ギラヒムもそうで、彼の場合それは、彼のご主人である魔王様の復活によって叶えられる。そのためにいくらでも広い世界を東奔西走する、その献身ぶりが一つあるのではないかと。これほどまでに敵サイドのキャラに入れ込んだのは初めてなんで、自分でも意外だなと思っているのですが…。

魔王様復活?ご主人?じゃあ彼は…、それは壮大なネタバレになるので言えませんが(汗)

とにかく、初挑戦のアドベンチャーゲーム、クリア目指して頑張るぞ!!

応援お願いしま~す(笑)