読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆりゆりぐさ

要するにブログだな。

きくおさんの世界と私

音楽

前回ボーカロイドを取り上げて記事を書いたところなので、今回は私が最近どはまり中のボカロ音楽作者を紹介します!

きくおさんという、フリーランスの作曲家/サウンドクリエイターの方です。ゲーム音楽・主題歌の作曲、CDアルバムのプロデュース等々、幅広く活動されています。

ボカロ曲もたくさん動画サイトに投稿しているのですが、その独特な世界観・言葉選びで多くのファンがいるようです。

私はボカロ曲というと、それまでは特に「この作者さんが好き!」ということもなく、単純に曲の良し悪しで聞いていました。でも、親交のあるブロガーさんの記事で紹介された曲を聞いて衝撃を受け、急いで過去の投稿曲を聞き漁りました。以来、すっかり中毒です(笑)

 

そんなきくおさんボカロ曲の中から、最近特に感動した一曲を紹介しましょう!

※機械音声なので、人によっては一部お聞き苦しいと感じる部分があるかもしれません。ご了承ください。

 

しーく(si_ku)さんという方が手掛けた映像・キャラクターがすごく可愛くて、曲の雰囲気も楽しげなんですけど…、

歌詞が切ない。ストーリーがとにかく切ない。

初めて聞いた時は、何だか胸が締め付けられる気持ちすらして「二人とも、そんな結末で本当に幸せなの?!」って言いたくなってしまいました。そんなラストです…。

きくおさんのボカロ曲は「呪い」「死」「破壊」などのネガティブな物をモチーフにした曲が多く個性が強いので、好きな方と苦手な方が、かなりはっきり分かれる傾向にあるみたいです。が、私はものすごく好きです。

 

私が特に好きなアーティスト・音楽クリエイターは……谷山浩子さん、スピッツ、そしてきくおさん。最近、自分の好きな音楽に共通点があることが分かってきました。

シュール。幻想的。物語がある、または連想できる。その人しか浮かばない発想。そして、創作意欲を刺激する。こういった特徴があることが分かってきたんですね。

なるほど、どうりできくおさんが好みに合致したわけだと納得するのでした。

 

昨年8月31日に発表した「しかばねの踊り」という曲が今のところ最新投稿曲です。

新作まだかな~。首を長くして待ってる!