ゆりゆりぐさ

要するにブログだな。

今の私の就職観

ついにというべきか…いつかは書きたいと思っていたし、書くことになろうと思ってました。

ゆりら、大学3年生。

そろそろ就職のことも考え始めねばならない時期が来ました。

 

でも正直言うと、まだ「この業界目指したい」とか、ましてや「どんな会社に行きたい」などという物が定まっていません。

少しでも関心のある業界ならいくつかあるのですが、どこが自分に合っているのか、どこなら自分がやり甲斐を感じて働けるのかとか、そういう物が分からないのです。そもそもどう研究すれば良いのかも、分かってない…。

さらに私には、ちょっとした弱点があります。臨機応変な行動や、初めてのこと・緊急事態が苦手なんです。それに、普段は時間に余裕を持って行動できているけれど、時間に追われたり急かされたりするとパニックになってしまう。

もしかしたら仕事するにあたって、それはとっても致命的なことなんじゃないかと思うと、さらに不安になります。

こうした不安が、3年生になってすぐの時期に生まれ、どんどん広がっていました。

 

しかし、最近少し分かってきたことがあります。

f:id:Yuri-La0x7z:20140529100829g:plain

(不安になるのは、私に業界や仕事の知識が少ないからだ!ならば、利用できる機会をとことん利用して、色んな業界を実際に見に行けばいいんだ!)

という訳で、外部から企業の方をお招きして講演を聞く授業を履修しました。

実際に企業を訪問し、企業から課された課題の解決とプレゼンテーションを行うという授業も履修しました。明日、実際に某大手ショッピングセンターにお邪魔します。

インターンシップ(学生が長期休みの間、企業でさせていただく就業体験)にも申し込みました。受け入れ企業の発表はまだ少し先ですが。

いつまでも考えてばかりじゃなくて、ある程度のところで行動を起こさねば。動いてみれば何か得られるはず。

高校~大学の間の様々な経験から、学んだことです。

 

それに、できないことばかりじゃない。

私には、できていることがたくさんある。

毎日の授業には遅れずに出席しているし、何事にも意味を見出してポジティブに考えて取り組む力がある。

この前、大学のゼミの先輩に就職関連でお話を聞きたいと思った時は、実際に先生に相談したうえで行動を起こせたし、先輩にも自分の熱心さが伝わった。

出来ないことばかり注目して悲観しまくるんじゃなくて、出来ることにも目を向けよう。そのうえで自分に不足している物を分析して、解決方法を考えよう。

これが、今の私の現状です。

 

私のブログの読者様には、実際にお勤めをなさっている方や、家庭をお持ちの方がとても多いように感じています。

なので、もしよろしければ「働くということ」「社会人とはどんなもの」などについてのご自身の見解だったり、アドバイスだったりという物をいただけると、たいへん嬉しいです。