読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆりゆりぐさ

要するにブログだな。

人間ってさ…~「怪獣使いと少年」を見て

今日、帰って来たウルトラマンの第33話「怪獣使いと少年」を見ました。

かねてよりウルトラ作品の好きな兄から「あれはウルトラ史上に残る問題作にして、名作エピソードだ」という感じで聞いて、ずっと興味を持っていたのですが、昨日兄に頼んでレンタルショップからDVDを借りてきてもらいました。

 

あらすじはこうです。↓

地球人の少年・良くんは、町の人々から宇宙人呼ばわりされており、とても酷いいじめや偏見を受けていました。彼の周りで奇怪な出来事が頻発していたからです。

良くんは両親がおらず、天涯孤独の身でした。ある嵐の夜、怪獣から逃げて行き倒れになったところをメイツ星人に助けられ、以来そのメイツ星人を「おじさん」と呼び慕い、共に暮らしていました。

メイツ星人は人間の男に姿をかえ、金山と名乗りますが、公害で汚染された空気のせいで命が長く持たないのでした。良くんはおじさんを故郷のメイツ星に帰らせてあげたい一心で、河原に隠されたという宇宙船を探すために穴を掘っていました。これを知った郷秀樹(ウルトラマンジャック)は、少年と一緒に宇宙船探しを手伝います。

しかしこれを知った町の人が、良くんを宇宙人だとして殺そうとします。メイツ星人は良くんを助けるため「宇宙人は私だ。殺すなら私を殺せ」と名乗り出て、暴動に加わっていた警官の発砲によって殺されてしまいます。

直後、町に怪獣ムルチが出現。郷は町の人の身勝手さに対する怒りを抱きながらもウルトラマンに変身し、ムルチを退治しました。

本当に天涯孤独になってしまった良くんは「おじさんは死んだんじゃない、メイツ星に帰ったんだ」と考え、その日以降も一人で穴を掘り続けました。いつか地球にサヨナラを言うために。

 

なんて、なんて、なんて悲しく苦しい話だろう。涙が止まらない。

人間ってこんなに醜い生き物なんだ、と感じさせられました。噂話だけで、そして自分たちと違うっていうだけで、あんなに残虐になれるんだなって。

良くんが町に買い物に来た時も、パン屋のおばちゃんが「後で皆に色々言われるの嫌だから、よそ行ってちょうだい!」って言うシーンがあって、特にグサリときました。

そして怪獣が現れれば「防衛チームなら倒してくれ!」って言ってさっさと逃げる…。

そんな自分勝手で醜い人間たちを、守らなきゃいけないんだな……って思うと、ヒーローも本当に大変だなって思います。

ウルトラシリーズと言うと、ウルトラ戦士が怪獣を華麗に豪快に倒していくイメージが強いかもしれませんが、昭和のシリーズはそうやって、人間や自然環境などについて深く掘り下げたエピソードを放送したりしたんですね。

 

いつもなら「機会があれば、ぜひ見てください」と言うところだけど、今回ばかりは手放しにそう言い切れないですね。。。

実際、強烈なシーンがいくつもあります。いじめが本当に残酷だし、良くんを襲った犬が爆発したりもするし、尋常じゃない流血のシーンもあるし。

多分テレビで放送なんて、今後いくら願っても無理でしょう。放送しても、怪獣ムルチとの戦闘シーンだけとか。

人間や心について真剣に考えたいという方に、心して見ていただきたいと思います。