ゆりゆりぐさ

要するにブログだな。

(今のとこ)人生最大の失敗と、それを乗り越えて学んだこと

今日やってしまった失敗を、二度と繰り返さないために書き記します……。

 

この夏、私は某大手企業様にインターンシップに行くことが決まりました。

それで今日、大学でインターンシップに行く全学生を対象にした説明会が開催されたんですね。

朝9時過ぎ。スーツに着替えた後、改めて説明会の時間を確認。

え~と、開催は10時半から……

?!

 

10時だった~~~~~!!!!!

しまった…!何度も日程の書いてあるプリントを見たのに、見る度に時刻を間違えて読んでただと?!

どうしよう、どうしよう…。この後最寄り駅から乗る電車では、確実に遅れる…。

あ、そうだ。自転車で、最寄り駅の1つ先の駅に猛ダッシュで行けば、そこから出発する電車に間に合う!

え~と、最寄り駅に電車はいつ着くんだ?時刻表に飛びつく私。

 

あと15分早くそれを思い立てばよかった。

今から行っても電車には間に合わない。

もう私には、最寄り駅から電車に乗ることしか選択肢は残されていませんでした。

 

どうしよう、どうしようどうしよう。

でもどういう訳か、まだ諦められなかった。今考えるとアレは、自分の平静をとにかく保とうとしていた心の働きなのかもしれない。

今日は補充講義のある日だ。授業を優先している学生がいるだろうし、もしかしたら今日の説明会は、到着した学生に逐次説明していくとか、そんな感じの説明会なのかも?!

などと一抹の(今考えるとくだらんことこのうえない)希望を抱えて、電車を降りたと同時に、会場へ猛ダッシュ!=3=3=3

会場となった教室の扉が見えた。張り紙がしてある。

 

「施錠中」

終わった…………。

(注意:以下、不快にさせる発言があるかもしれません)

バカみたい、私本当にバカみたい。否、バカだ。こんな大事な日に遅刻なんて社会人失格だ。というか人間失格だ。情けない。悔しい。私なんか社会に出る資格なし。というか人として価値なし。今すぐここから消えちゃえばいいんだ。私なんか○んじゃえばいいんだ。ああもう何か壊したい。バラバラにしたい。跡形もなく消し去りたい。何もないから、自分でも壊しちゃおうか。だって人として価値が無いんだもん………

 

以下ぐるぐるぐるぐる。

今書き出して見ると、あまりに極端で自分でもびっくりしちゃう。でも本当にこんなこと考えちゃったんです。それぐらい自分の失敗が許せなくて、情けなくて、悔しかった。自分のせいだと分かってはいたけれど、それでも。

扉の向こうからは、講師の方が学生にお話をする声が聞こえてくる。それが余計にネガティブな感情を増幅させたのかもしれませんね。。。

もう動く気力をすっかり失って、扉に寄り掛かったところ……

 

扉が開いた。

大学の、就職支援をする職員の方が、扉が動いたのに気づいたんだと思われます。

開いた扉にびっくりしたけど、とりあえず入室して資料をいただき、席につかせていただきました。その後の講義も、どうにか普通に受けさせていただきました。

 

こんなに迷惑かけておいて、タダじゃ帰れない。

その後私は何かできることを一生懸命考えた結果、次のことをしました。

●発言を求められた時に、積極的に挙手

●講義の第1部終了後、講師の先生と大学の職員の方々にお詫び回り

お詫び回りは本当に叱られること覚悟のうえで行ったのですが、講師の先生は逆に講義中の積極的な挙手を評価していただき「頑張ってくださいね」と激励のお言葉をいただきました。

職員の方々も本当に優しく「連絡さえくれれば大丈夫ですよ」「次からは気をつけてね」とフォローをしていただきました。

神様って、本当にいるんだな…。と割と本気で思った瞬間でございました。

 

今回の出来事を通して学んだこと

◎時間などの確認は、分かったと思っても用心深く何度もおこなう

◎何かあったらとにかく連絡。無断が一番ダメ。

この2つ、よく言われることではあるけれど、案外自分がその場面に立つとできないものだな…と痛感。

しかし、成功体験よりも、失敗や挫折の体験から学ぶことの方が、確かに大きいんだなと実感しました。

就職活動本番では、もうこんな失敗はしない。

そう固く誓って、これからの毎日を過ごそうと思います。