読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆりゆりぐさ

要するにブログだな。

私と「みんなのうた」

つい先ほど、NHKアーカイブスみんなのうたのセカイ」を見て参りました♪

NHKの音楽番組「みんなのうた」について1時間少々、懐かしい映像とともに番組の歴史や裏側を語る!という物でした。

この番組については、以前ボーカロイドが登場した時に触れたことはありましたが、番組自体についてがっつりと書くのは初めてだと思います(たぶん)

 

私とみんなのうたとの関わりを大まかにまとめると…↓

●テレビや、同番組の歌が収録されたビデオを見ていた。

NHKの別の子ども番組で聞いていた曲が、実はみんなのうた放送曲だった。

●その他の子供向け歌のビデオの収録曲の中に、みんなのうたの曲があった。

●保育園・小学校などで、放送曲を聞いたり歌ったりした。

などなど、こんな感じでした。

いやはや、小さい時に見聞きした曲がたくさん登場したので、ドキドキして胸があつくなったり、自然と体がリズムを刻み始めたりしましたよww

不思議なもので、例えば1960年代などに初めて放送されたという曲でも、まだ当時は生まれていないはずなのに「懐かしいなぁ~!」って気持ちになったんです。これも、色々な所で歌い継がれてきたからなんですよね。

 

実は私、番組が好きすぎて、放送曲が200曲近く収録された豪華すぎるDVD-BOXを買ってしまったほどなのですが(笑)

そうですね……私が思うみんなのうたの魅力は、みずみずしい感性を取り戻せることでしょうか。

何か勉強をしたり作品制作したりしてて、煮え詰まって「あ、何となく頭が固くなってるかも」と思うことがあります。そういう時に番組を見て曲を聞くと、頭のつかえが取れてすっきりしたり、時にはインスピレーションを受けて絵が描きたくなったりするんです。

しかも放送曲はレパートリーに富んでいるから、気分によって「大好きなあの曲が聞きたい!」「たまにはこんな曲も聞いてみるか」と選んで見たりして、気分を盛り上げたり落ち着かせたりしています。

子ども向けとして始まった番組なのに、大人になった今でもそうして楽しんでいるんですよね。飛び込んでくる曲や映像が、私の中にまだかろうじて残っている子どもならではの自由な感性を刺激するのかも。

そんな不思議な魅力を持った曲が、これからもみんなのうたからたくさん生まれてほしいなと思います。

 

まあ、私がここで好きな曲についてグダグダ語るのも可能ですが、番組サイトに、歌の動画が見られるページがありましたので、リンク貼っておきます!

お時間のある方は是非!曲の一部分だけではありますが、懐かしい曲・気になった曲はポチっと再生してみてはいかがでしょうか?

NHK みんなのうた - 動画