読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆりゆりぐさ

要するにブログだな。

Don't worry to make a mistake!

あ~、大学は年明けに期末試験か~。。。

3年生は就職活動を控えているわけで、授業の単位を落としている場合なんかじゃないからな。頑張らなけりゃ!

 

私が今選んで受けている授業の中には、英語があります。

しかもただの英語じゃなくて、スポークン・インタラクションという名前の授業。読み書きよりも聞くこと・話すことに重点を置いた授業なんですね。

実はその先生が口癖のように言っているあることに、すごく共感したので、今回記事にしてみたいと思います。

それは……

「なぜ日本人は英語がしゃべれないのか」ということ。

 

日本では今、小学校高学年から英語に触れる活動が始まっています。中学・高校でもやはりガッツリと文法を勉強。入学試験にも英語の勉強は欠かせませんね。

でも、それだけ日本人は英語を勉強する機会がありながら、実際にしゃべろうとした途端に何も言えなくなってしまう。先生はそう感じているみたいです。

ではなぜ、それが起こるのか。

先生の考えとしては「学校で習った文法にこだわり、間違えることを恐れている」のではないか、ということです。

話そうとして(学習した文法が絶対。間違ったらいけない…)とデリケートになるあまりに、話そうという気力を無くしてしまうのではないか、と。

逆の立場だったといたしましょう。外国の方が日本語で話をしている時、多少発音などの細かい所が間違っていたとしても、言いたいことはしっかり伝わりますよね。

英語で話そうとする私たちだって、きっと同じなのかもしれません。もちろん単語や基本的な文法の知識等は必要ですが、あとはそれらを駆使すれば、大抵のことは伝わるのかもしれないと思うのです。

先生曰く「コミュニケーションに絶対や完璧はない。だから失敗を恐れないで話そうじゃないか」ということです。

グローバル化が進む日本。これから英語がますます必要になってくるでしょう。

日本人が英語を習得するための道のりには課題が山積みでしょうが、先生のこのポリシーが、日本人の英語への苦手意識を取っ払う一助にならないものかと、考えた次第です。

 

そんなわけで今回の記事も、タイトルが英語です。間違いバッチコイで(笑)