読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆりゆりぐさ

要するにブログだな。

ゆりらの修学旅行記録

創作・アート

f:id:Yuri-La0x7z:20141215214318j:plain

今日は、こんなのが出てきたのでご紹介。

実はこれ、高校時代に文通していた私の友人に向けて、修学旅行の様子を漫画にして送ったというやつです。北海道4泊5日の旅。時期はまさに、4年前のこの季節でした。

母が「ゆりら史上最高傑作の漫画だ!」というので、ぜひ皆様にも見ていただこうかと思って、この度ダイジェスト版にして掲載することにしました。

お暇でしたらしばし、私めの思い出話にお付き合いくださいませませ。m(_ _)m

 

  ~1日目~

北海道へ出発。

f:id:Yuri-La0x7z:20141215214522j:plain

飛行機に乗るのは初めてで怖かったんで、離陸の瞬間、涙ぐみました(笑)

しばらくして飛行が安定したら、もう大丈夫♪ちょうどこの時期、飛行機で聞けるラジオでスピッツ特集をずっとやっていたので、それも楽しんでいました^^

f:id:Yuri-La0x7z:20141215214748j:plain

1日目に行ったのは、白老アイヌ民族博物館。

ここでは、再現されたアイヌの集落を見学したり、おじさんの軽妙なトークと共にアイヌの歴史や言葉について学んだり、伝統の音楽を鑑賞したりしました。

f:id:Yuri-La0x7z:20141215214813j:plain

f:id:Yuri-La0x7z:20141215214655j:plain

最後にはアイヌに伝わる踊りを、案内役の皆様と一緒に躍るという、貴重な経験をさせていただきました!とっても楽しかった♪(私以外にも数名の生徒が参加)

 

  ~2・3日目~

スキー研修!

f:id:Yuri-La0x7z:20141215214956j:plain

実は前の日まで、研修の地ニセコに全く雪が無かったので、スキーが出来ないかもしれないという危機を迎えていたのです。ところが私たちがニセコに着いた日の一晩でたっぷりと雪が降ったので、翌日以降のスキーが無事に行うことが出来ました!

私たちの日頃の行いの良さの賜物ね☆(笑)

f:id:Yuri-La0x7z:20141215215034j:plain

「超」のつくほど運動オンチのゆりら。最初はまるでダメだったのですが…

f:id:Yuri-La0x7z:20141215215223j:plain

2日目には転ばずに滑れるようになりました♪こうなると楽しいですね^^

ちなみにスキー場のリフトにも乗りましたが、何が恐ろしいって……

f:id:Yuri-La0x7z:20141215215303j:plain

リフトがね……止まるんだよ……(;°Д°;)

高所恐怖症の人には地獄ですね。ゆりらは割と平気ですが。。。

f:id:Yuri-La0x7z:20141215215416j:plain

ゲレンデの1番高い場所にも行きました!

本当に絶景でしたよ、そりゃもうため息が出るほど。。。

 

f:id:Yuri-La0x7z:20141215215702j:plain

旅館でも楽しいことがありましたなぁ。ビンゴ大会とか。ゆりらはビンゴならず。

f:id:Yuri-La0x7z:20141215215800j:plain

トナカイの角をつけた先生が、せんとくんにしか見えない件www

f:id:Yuri-La0x7z:20141215215825j:plain

あ。ちなみに私ゆりら、修学旅行のしおりの表紙にイラストが採用されて、表彰を受けました。

f:id:Yuri-La0x7z:20141215220039j:plain

それがこんな感じ↑

 

  ~4日目~

f:id:Yuri-La0x7z:20141215220304j:plain

小樽・札幌自主研修♪班ごとに分かれて、時間の許す限り、好きな所を巡ります。

実はこの時、ゆりら史上最大のアクシデントが……!

f:id:Yuri-La0x7z:20141215220337j:plain

f:id:Yuri-La0x7z:20141215220357j:plain

割れちゃった~~~!!

f:id:Yuri-La0x7z:20141215220419j:plain

f:id:Yuri-La0x7z:20141215220446j:plain

f:id:Yuri-La0x7z:20141215220517j:plain

幸いにも壊れたガラスの置物は高価ではなく、お店の人も優しい方だったので、賠償も無く大事には至らなかったのですが……

私よ。ますごめんなさいを言いなさい、ごめんなさいを(汗)

 

その後札幌入りし、午後から札幌研修。

f:id:Yuri-La0x7z:20141215220608j:plain

札幌のホテルがあまりにも豪華で、友人と感激…☆

格調高いホテルだったんで、廊下を歩く時は必ず制服で…という申し入れがありました。この絵には描いていないけど、それも納得の豪華さだったんです。

f:id:Yuri-La0x7z:20141215220638j:plain

札幌来たなら、ここは見ておかないと!時計台!

f:id:Yuri-La0x7z:20141215220657j:plain

この絵、母から一番好評を得ていましたwww

本当に想像以上に小さかった。。。

f:id:Yuri-La0x7z:20141215220738j:plain

他にも、北海道庁旧本庁舎に行こうとしたら迷子になって、通りがかったおじさんに案内してもらったり……

f:id:Yuri-La0x7z:20141215220809j:plain

さっぽろテレビ塔の展望台に上ったりしました。テレビでよく見る札幌の景色が、眼下に広がる!

f:id:Yuri-La0x7z:20141215220853j:plain

夜になったら、大通公園でイルミネーションがたくさん光っていました☆

絵では全然伝えられていませんが、光の世界は本当に美しかった!

 

この漫画、家族はもちろん、母の職場の方にも見ていただいちゃったのですが、皆がこれを読んで感動したと言うんです。

「キュンキュンした」「学生時代を思い出した」という感想が、母を通して続々と寄せられました。

きっと、楽しんで描いたから…じゃないかなと思うんです。

あれが楽しかった、こんなことを伝えたい…そういうワクワクした気持ちを、ずっと最初から最後まで持ち続けて描けたからこそ、読んでいる人にもそれが伝わったんじゃないかな。と考えているのです。

これから先、何か漫画を描くとして、そうやってモチベーションを高く保ちながら全力で描き続けられる作品が、どれほど生まれることになるだろう…なんて思います。

 

では最後に、この漫画のエンディングをノーカットでご覧いただきながらお別れしましょう。ここまで読んでいただきありがとうございました!

f:id:Yuri-La0x7z:20141215220938j:plain

f:id:Yuri-La0x7z:20141215221022j:plain

f:id:Yuri-La0x7z:20141215221058j:plain

f:id:Yuri-La0x7z:20141215221122j:plain

f:id:Yuri-La0x7z:20141215221211j:plain

 *おわり*