読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆりゆりぐさ

要するにブログだな。

ゆりらの就活準備

就活・仕事

寒さにも負けず、迫る就活にも負けず、今日もそこそこ元気なゆりらです!(笑)

大学3年の冬。ついに就職活動が目前に迫ってきました…!\(゜ロ\)(/ロ゜)/

そんな訳で今回は、就活開始を控えたゆりらの近況について、大学生の就職活動を支援するアレコレを交えながら書いてみたいと思います。

 

よりにもよって……と思わんでもないのですが、実は私の代から新卒大学生の就職活動の時期が少し変わります。

まずはどう変わるかについて、簡単に説明させてくださいな。

私の一級上の先輩〈15卒〉は、企業の採用説明会が3年生の12月から解禁、面接などの採用活動は4年生の4月から解禁、という流れでした。

私の代〈16卒〉からは、採用説明会が3か月後ろ倒しされて3年生の3月から。面接試験などは4か月後ろ倒しで4年生の8月からに変わるそうです。

内定式は従来と同じで10月らしいので、短期決戦になるうえ、1人の学生が応募できる企業の数が少なくなってくるそうです。

 

私がまずやったのは、とにかく大学が催す就職支援行事に参加することでした。大学にも学生の進路を支援する所があって(ここでは就職支援課、または支援課と書きます)一人でやるには難しい就職活動を、色々な面からサポートしてくれます。

例えば就職ガイダンスと呼ばれる説明会に参加して、就職活動前に準備しなければいけないことを学んだり、先輩の体験談を聞いたりしました。

自己分析講座という物もあって、自分の過去や現在を振り返りながら、自分がどんな人間でどんな働き方が合っているのかなどを考えました。これも就職活動の書類選考や面接で活かすためにやります。

それ以外にも大学で行われる支援の催しは色々。私もいくつか参加しました。

ブログの記事になった物↓

私のインターンシップ - ゆりゆりぐさ

地元経営者との交流会、行った! - ゆりゆりぐさ

2~3月になると、企業研究のやり方を教える講座など、ますます本格的・実践的な催しが増えてきます。少しでも不安を拭い、アグレッシブに動けるように、色々勉強していきたいと思います…!

 

それから、履歴書に書く「学生時代に力を注いだこと」「自己PR」といった項目を考えて文章化し、履歴書の基本的な書き方を身につけました。支援課では学生が書いた文章を添削してくれたりなんかもするんですよ。

いざ採用活動が本格化した時に、PRする内容をゼロから考え出したのでは、遅すぎますからね~。ましてや「学歴や職歴ってどう書くの?」ではね。。。

私も最初は拙い文章で、企業側が知りたいことと的外れのことを書いてしまっていたんですね(><;)でも、2回・3回と書いて添削してもらううちに、伝え方のコツが分かってきて、文章がだんだん輝いてくるのが感じられました☆彡

 

支援課の方は、進路に関する学生の相談にも乗ってくれるんです。

しかも、学生の方が「この人に話を聞いてほしい」と職員の方を選ぶこともできちゃうんですね~!

私は以前「若輩者の学生が大人を選ぶなんて……」という思いから、あんまり指名をしなかったんです。ただ前々から「この人になら色々話せるかも!」と感じた女性の職員さんがいらしたので(キャリアカウンセラーという資格をお持ちだとか)最近はその方にお願いして、質問や悩み相談をすることが多いです^^

 

まだまだ先は長いですが、本格的な就職活動に向けて、借りれる助けは積極的に借りながら頑張りたいと思いますっ!

ちなみに本ブログ、就活時期が変更された初代世代として何かできないかという筆者の考えのもと、これからの就職活動の模様を書ける範囲で記録していけたらと考えています。。。