読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆりゆりぐさ

要するにブログだな。

やさしさの人

前回、就活レポートを書かせていただいた私ですが、

今回は仕事に少し関係するお話です。

 

昨日NHKで放送した「プロフェッショナル 仕事の流儀」を見ました。

以前番組で放送したことのある方だったのですが、母に「すごく良かったから、見るといいよ!」と強く勧められました。

その方とは、ビル清掃のお仕事をされている、新津春子さんという方です。

放送データ↓

新津春子(2015年6月1日放送)| これまでの放送 | NHK プロフェッショナル 仕事の流儀

羽田空港の綺麗と清潔を保つ仕事をされている新津さん。80種類以上の洗剤を使い分け、目に見えない箇所まで徹底して汚れを落としていく姿は、まさに清掃を超えた「職人」のそれでした。

そんな職人技を支える信念というのが、新津さん曰く、優しさ。「心を込めないときれいにできない。どこまでできるかを常に考えることが、やさしさです。お客様さえ喜んでくれれば、それでいいんです

清掃という仕事が日本社会において地位が低いことを感じ、悩んでいた時期もあったそうですが、どこまでも綺麗にすることでお客様から「ご苦労様」などと声をかけられたことで、この仕事こそ自分の居場所だと感じたのだそうです。

 

日本には「縁の下の力持ち」という言葉がありますが、それはまさしく彼女のために存在する言葉なのではないかと思ったわけです。

この世には花形の仕事とそうでない地味な仕事がありますが、どんな仕事に就いたとしても、やりがいや楽しさを見つけて天職と出来るかどうかはその人次第なのだということを、新津さんが自身の仕事ぶりを通して教えているような気がします。

大学でも清掃のお仕事をされているスタッフさんを見かけることがあるのですが、その人たちの見え方が大きく変わりそうな気がします。

 

今回紹介した番組は、6日(土)深夜0:55から再放送されるとのことです。

ご興味があられましたら、是非ぜひ。