読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆりゆりぐさ

要するにブログだな。

「ゼルダ無双」よもやま話

ゲーム

皆様、このストレスフルな世の中、いかがお過ごしでしょうか?

私も人の子でありますし、しかも就活中という時期も相まって、

時には……

そこらじゅうの物、全部ぶっ壊して暴れたい時だってあるんです。

「アカン!そんなのはゲームの中だけにしなさいッ!!」

ということで、今日はゲームの話を書かせてください(笑)

 

ゼルダ無双 (通常版)

ゼルダ無双 (通常版)

 

このゲームの発売元であるコーエーテクモゲームズさんは「○○無双」シリーズという、敵を一度にたくさん倒せる爽快アクションバトルのシリーズを数多く発売しています。

その「無双」シリーズが、任天堂の人気アドベンチャーゲームゼルダの伝説』シリーズとコラボレーションして作られたのが、この『ゼルダ無双』なんです。

私はゼルダの伝説シリーズが好きという理由で遊びはじめました。

敵をまとめて吹っ飛ばすと、非常に良いストレス発散になります(^^)

 

私はこのゲームが出た頃、とあるゲーム雑誌でこのソフトの開発者のインタビュー記事を読んだことがあります。

そこでとても感銘を受けたお話がありました。

その開発者の方曰くゼルダ無双は「ソフトの開発メンバーに留まらず、社内の全てのゼルダファンが、最後まで楽しく作らせてもらった」とのこと。

「これ、何か分かります?」「○○のアレ?」「正解!作っちゃいました(笑)」なんていうやりとりがあったり、開発チーム外の社員から「この部分の表示方法はこうでなければならない」という詳細な指示があったりしたそうです。

開発者自身が作品を愛し、楽しんでいるからこそ、細部までこだわり抜いて作り上げることができ、それに気づいたファンもまた喜ぶ、とても良い形がここにあったのだと感じました。

思い返すと私自身も、修学旅行の漫画を描いて今までにない絶賛を受けた経験がありました。それも多分、私が修学旅行の思い出を大切にしていたからこそ、人を楽しませられるだけの良い物が作れたのでしょう。

何事も人を喜ばせるには、まず自分が楽しめなければならない。

そう感じた次第なのであります。

 

 

 ―☆おまけ☆―

せっかくの機会なので、このゲームにゲスト出演しているたっくさんのゼルダキャラクターの中から、ゆりらの推しキャラを1人紹介します!

公式のプレイ動画があったので載せちゃいます。。。

 


『ゼルダ無双』 ギラヒム(魔剣)プレイムービー - YouTube

初登場:ゼルダの伝説スカイウォードソード(2011)

無数の魔物たちを率いて、何度も主人公リンクの前に立ちはだかった魔族長。

古の時代に封印された主である、魔王の復活を目論む。

普段は至って物腰穏やかだが、その本性は無慈悲で冷酷かつ荒々しい。

魔術・剣術に長けており、さらに激情に駆られると本気の姿となって襲いかかる。

すっげぇナルシストで変態(←ここ重要

 

 

また1つ、趣味がバレた。。。(笑)