ゆりゆりぐさ

要するにブログだな。

安物買いの何失い

安物買いの銭失いとは、値段が安いものは品質が悪いので、買い得と思っても結局は修理や買い替えで高くつくということ。

                  ―『故事ことわざ辞典』より

http://kotowaza-allguide.com/ya/yasumonogai.html

 

 

先日、私が愛用していた赤いイヤホンがぶっ壊れまして。

ツイッターにも写真を載っけましたが。。。

 こんな感じで、片耳に入れるものが真ん中からパックリと割れてしまいました。

気に入ってたんですよ、このイヤホン。音質がすこぶる良くて、どんな音もクリアに聞こえました。頭の中に直接響いてくるような気すらしていました。

しかし、だからといってこの状態で使い続けると、感電とか何が起こるか分からないので、急ぎ新しいイヤホンを仕入れることにしました。早く音楽聞いたり動画見たりしたいですから。

大学からほど近い所にオシャレな雑貨ショップがあって、色々な価格のイヤホンが並んでいました。高い物だと3000円超えの物もありましたが、私が選んだのは、その店で一番安い1500円ほどの物でした。

 

が。

いざ買って帰って、YouTubeで音楽を聞いてみると……

「お、音質が……いまいち……!」

今まで使っていたイヤホンは、どんな音も脳にクリアに響いてきたのに。

新しいそれで聞くと、スピーカー部分に薄い紙でも貼っているかのように、どこか音が擦れていました。ドラムセットのシンバルやスネアドラムの音もなんだか「たしっ!たしっ!」と安っぽく、砂嵐のノイズみたい。

こんなことなら、お小遣いケチらないで性能の良い物を買えばよかった。でも性能なんてパッケージで見ただけじゃ分からないし。イヤホンの性能を体感できる音楽の試聴なんて出来たら良いのに、でもそんなの無理だし…。

なんだか楽しくなくて、以前のように音楽を聞いていません。

谷山浩子さんやスピッツの曲が無性に聞きたい。音楽に浸りたい。

でも、このイヤホンじゃ到底楽しめる気がしない。

安物買いの銭失いということわざがありますが、私に言わせれば、銭以上の大切な+αを失ってしまった気がします。

 

まあ、結局使ってるんですけどね(^^;

音楽以外の動画を見たりする時に役立っています。

使えるだけ使い倒して、いつかもう少し良い物を仕入れることにします。

 

お金はとっても大事だけど、もし少しでも余裕があるなら、

心の豊かさのために使ってあげたほうがいい。

お金はそのためにあると思うから。