読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆりゆりぐさ

要するにブログだな。

ゆりらの就活(7月期レポート)

暑くなりましたね~皆さん!

なかなかクールビズをするわけにもいかない就活生にとって、この時期はなかなかキツいものです(´・ω・`)

大手企業では内定が少しずつ出されているようで、私の周囲でも「内定取った」という話がちらほら出始めました。

その一方で、中小企業はこれから説明会という所が結構あります。実際私も、今月は地元企業様の個別説明会に1社行きましたし、来月も行く予定にしています。

地元志向の私ゆりら、これからが怒涛の忙しさと相成ってくるかもしれません。

熱中症や夏バテに最大限警戒し、体調管理やストレスコントロールも頑張りながら、計画的に就活を進めていきたいと思いまする。(`・ω・´)ガンバルゾ!

 

さて、今回はちょっと振り返りたいことがあります。

経団連が新しく定め、今年から適用された就活のスケジュールですが、そこでは「説明会は3月解禁、面接・筆記試験などは8月解禁」とされていましたが。。。

f:id:Yuri-La0x7z:20150730160305g:plain

う~ん…実感としては、あんまり守られている気はしませんね。

説明会は確かに3月解禁だったのですが、採用試験は8月以前から既にバリバリやっています。周りの友人達もそうでしたし、実際私のブログでも、筆記試験や面接を受けに行ったことを読者の皆様に報告させてもらっていますし。

もともと経団連のそれも、強制力のあるルールではないんです。罰則も無し。

「社会や企業は、もっと学生に合わせるべきだ」と主張するわけではありません。ただ、せっかく「学生の本分である学業に専念させるため」という目的を持って皆で決めたことなのに、これだけ足並みが揃わないと、その取り組みも意味を成さないんじゃないかなと、心の中でぼやいていたりします。

 

f:id:Yuri-La0x7z:20150730161805g:plain

「頑張ってるね」 言われることの 嬉しさよ

最近よく、大学の就職支援課で、同じ職員さんにお世話になることがあります。

その方に相談したり、就活の現状を話すと、いつも「そうなの。頑張ってやってるんだね」と言われるんです。これが素朴ながら、とっても嬉しい。

どうしても地元企業の採用活動は大手企業よりも遅れることが多くて、その間に同級生たちはどんどん書類を書いたり、選考に挑んだりしているので「私、皆と比べて全然頑張ってない」と劣等感のような物を抱きがちな日々を送っていました。

だから、一言そう言ってもらえるだけで、すごく気持ちが楽になります。そして直後には、元気とやる気がモリモリ湧いてきます。

用事が済んだ時に「頑張るぞ!」と小さい声で言って、2人でこれまた小さくガッツポーズをするのが、お決まりになりつつあったりします。

内定が取れるのはもちろん嬉しいことだと思うけれども、その間の就活生には、こうして誰かに努力を素直に認めてもらえる環境が必要なのかなと、そんなことを思います。

 

 

最後に、ちょっとお知らせです。

f:id:Yuri-La0x7z:20150730162352g:plain

実は8月に入って早々、立て続けに3社の試験が控えています。

加えて、ハローワークで新卒向けの地元求人が見られるのも8月1日解禁なんです。

そんなわけで今後さらに忙しくなる気しかしないので、このブログ、更新頻度がガタっと落ちます。更新が少なめになります(断定型)

これからが本当の正念場だと思うので、より一層集中できる環境を作ろうと思い、自主的にこのように決めさせていただきました。

ただし減ると言っても0にはなりませんし、気分転換に皆様の所にお邪魔することがあると思います。その時は「はは~ん、息抜きだな?」と思って、生温かく?(笑)見てやってくれるとありがたいです(^^;)

では、そういうことで!