読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆりゆりぐさ

要するにブログだな。

たぶん最後の交流会

昨日の話なのですが、大学の私のゼミは色々とイベントづくしでした!

行われたのは、3年生の卒業論文ゼミで行われた、調査研究の中間発表会。

実はこれに毎年4年生も出席し、先輩の立場から質問・感想・ツッコミなどを述べていくのです。昨年は私も発表をしたのですが、今年は発表を聞いて色々言う立場だったんですね。

…え、私のしたコメントですか?

「ちょっと、発見内容が漠然とし過ぎてる気がしますね~(^^;)」

「ご自身でもおっしゃいましたが、まだ発見をどう結論に持って行くか決まっていないみたいなので、これから考える必要がありますね。。。」

鬼かっ!?(タ●ア●ド●シ風に)

先生曰く、今年の4年生はなかなか質の良い質問やコメントをしていて、先生が喋る必要が無くなるほどに素晴らしかったそうです。

 

……で、その後!

3・4年生合同で、ピザパーティが催されました~♪(ノ)’∀`(ヾ)

学生同士、学年を越えて交流・情報交換する機会を設けようという先生の計らいで、広い合同研究室を貸し切って、ざっくばらんに各自好きな物を飲んで食べて、おしゃべりもして、みんな大いに楽しみました。

たくさん用意したはずのピザは、あっという間に無くなってしまいましたが、そんな中でもゆりらは種類の違う3切れを確保し、たいらげましたv(●´ω`●)

 

食事もある程度済んだところで、先生が唐突にゲームを持ちかけました。

TVバラエティ番組『ネプリーグ』でやっていたらしいゲーム「たけのこニョッキ」。ルールはおおよそこんな感じ↓

「1ニョキ」から始まり、2ニョッキ、3ニョッキと続けていく。言う順番やタイミングは自由だが、他の人と言うタイミングがかぶったらドボン。「6ニョッキ」(最後まで「ニョッキ」を言えなかった)になってもドボン。

wikipedia「ネプリーグ(深夜時代)」より

これを、学生と先生の十数人でやったのです。

で、これでドボン(ミス)した人は「人生の見通しを語る」という、なんだか重たいというかしんみりというか(笑)そんな罰ゲームがありました(^^;)

ゲーム自体もすごく白熱したのですが、やっぱり、そこで自分なりに将来のビジョンを語っている皆の姿がとっても印象的で、聞き入りました。

先生も「皆が一生懸命考えている姿を見ると、あまりやたらと急かしたりするのも、しにくくなってくるね。。。」と言っていました。

ちなみにその先生も途中で一度ドボンして語ったのですが、昔やっていたギターを再開すると話した時の学生たちの反応たるや、すごかったです!他にバンドや楽器をやっている学生が「自分、先生とセッション出来るようになりたいです!」って話していましたね(^^)

私はゲーム中ドボンしませんでしたが、ゲームがひと段落し、まだ話していない人が話しましょうという番になって、皆の前で言いました。

「まずは卒論をしっかり仕上げます。

 卒業したら就職先でしっかり働いて、家族に恩返しします。

 仕事も趣味も、全力で頑張りたいです」

 

電車の時間の関係で、私は少し早く抜けさせてもらって帰りました。

先生からは、3年生と4年生が交流する機会は、もしかしたらこれが最後かもしれないと言われました。

寂しいけれど、これから待ち受ける色々なことを頑張って乗り越えてくれと、心の中で小さくエールを送る、ゆりら先輩なのでした。