読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆりゆりぐさ

要するにブログだな。

就活が始まる後輩たちに捧ぐ

つい先日ですね。3月1日、大学生の就職活動が解禁になりました!

テレビやラジオのニュースでその話を聞いていた私は「うわ、懐かしいな~…」という気持ちになっていました(笑)

そういえばちょうど1年前のあの頃は、本当に戦々恐々としていましたね。

「ちゃんと内定取れるかな~、心配だな~。。。」と不安でいっぱいで、説明会に参加すべく各地を飛び回っていました。

 

実は話によると、就職活動の期間がまた変わってしまったみたいです!

面接をはじめとする選考試験の解禁日が、私たちより2か月早くなりました。

  ~日程の変遷~

2015年卒… 3年生の12月に説明会解禁、4年生の4月に選考試験解禁

2016年卒(私の代)…3年生の3月に説明会解禁、4年生の8月に選考試験解禁

2017年卒… 3年生の3月に説明会解禁、4年生の6月に選考試験解禁

なんと、私の代の就活スケジュールがわずか1年で変更ということに(!)

ただでさえ大変なのに、全ての企業がこのスケジュールを絶対守るわけではないというのが余計に大変!すでにインターンシップなどで早くから学生と接触し、それが事実上の採用試験になっていて、選考試験解禁してすぐに内定を出す……という所もあるとのこと。

実際私も、8月以前から採用試験受けてましたもの。

経団連が、加盟企業を対象に行った調査でも、9割弱の企業がスケジュールを守れていなかったと答えたそうです。

(参考:就活スケジュール、企業の9割「守られていない」 経団連調査 - SankeiBiz(サンケイビズ)

 

まあ、社会はウソばかりとか、んなこと嘆いていても始まらない。

やるしかない。戦うしかない。

そんなわけで、私が就職活動関連で「やっておいてよかった」とか、逆に「もっとこうしておけばよかったな…」と思ったことをまとめたいと思います。

 

   やっておいてよかったこと

●何が何でも、単位を3年生のうちにとっておく

私は今年度の授業は、卒業論文執筆のためのゼミだけでした。おかげで心置きなく就活を行うことができました。やっぱり安心度が違いますね。

●筆記試験対策

早いうちから、苦手な数学や論理的な分野の対策になるような授業を受けて、自分でもガッツリ復習しました。面接にも進めずに落とされるのは辛いですものね。

●説明会にとことん参加

ちょっとでも気になったりピンときたりした企業の話は、どんどん聞きに行くべし!

特に、自分の大学まで出向いて説明会を開いてくれる企業はおススメです。OB・OGが活躍していたりして、大学の学生を信頼してくれているという所が多いです。

実際、私が就職決まったのも、大学で個別説明会を開いていただいた所でした。

●困った時に、相談!

初めての就活、自分一人で何でも出来てしまう方が珍しいです。大学の就職支援課や新卒向けハローワークなど、エキスパートの方々の力をどんどん借りましょう。

 

   こうしておけばよかった、と思うこと

●志望範囲を絞り過ぎた…

「地元で事務職」という風にこだわっていたら、むちゃくちゃ求人が少なかったです。

幸いにも内定をいただけましたが、「特に人を募集している業種・職種」というものも、もう少し考えればよかったなと思いました。

●体調管理!とくに水分補給!

そもそも健康でなければ就活も出来ませぬ。ストレスをため込まないのは勿論ですが、規則正しい生活を心がけないと本当にダメですね。

私は水分補給がおろそかになったせいで、身体がちょっとした脱水状態になっていて、大腸憩室炎になっちゃいましたし。。。

 

 

えらく長くなってしまいましたが、あわよくばこの記事が後輩たちの目にとまり、

就職活動の一助になれば……と願っています。

フレ、フレ、後輩たちよ!\(゜ロ\)(/ロ゜)/