読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆりゆりぐさ

要するにブログだな。

就職から1ヶ月 ~未来っておもしろい!

皆様、ごぶさたしております!

就職活動の結果、晴れて内定をいただいたスーパーマーケット運営会社に、4月1日に無事就職し、働き始めてから1ヶ月が過ぎました。

今回は、私が今どんな仕事をしているのか、日々の経験を通してどう感じたかを書いてみようと思います。

 

私の現在の勤務先は、自宅から車で10分ぐらいのスーパーの店舗。

そこで、レジ打ちの修行中です。

まだまだ覚える仕事がたくさんあるうえに、未熟な所の方が多い私ですが、それでもお客様に迷惑をかけないよう、自分なりに色々試行錯誤しながら頑張っています。

先輩方からは「分からないところがあったら、勝手にやって失敗しないうちに遠慮なく聞いてね」と言っていただいています。

3月から続いた実践的な研修のおかげで、基本となる一連の流れをある程度覚えてしまい、先月後半ごろからは1台のレジを私一人で学生アルバイトさんと交代するまでのほぼ1日任せていただけるようになりました。

 

実は私は大学時代、今の勤務先でアルバイトをさせていただいていたことがあります。このブログを開設して間もない頃が、まさにそうでした。

当時最初に配属されたのがレジ部門だったのですが、当時はほとんどダメダメちゃんで、その月の後半、別の部門に配属先が変わりました。

そんな経験があって、以来「自分はレジに適性がない。だから、ここに就職したなら、レジ以外の部門で働くことになるだろう」と考えるようになりました。

そんなわけで、研修でレジを覚えるとか、配属先の店舗ではレジ部門で働いてもらうと聞いた時には本当に戦々恐々としていました\(;゜ロ\)(/ロ゜;)/

逃げる類の度胸があったら逃げてたかもしれません(苦笑)

でも、いざ仕事着に着替えてその場に立ってみると、自分は案外踏ん切りが付く性格だったようです。

自分の力でどうにか一連の流れが出来るようになった途端、あれだけトラウマのような物さえ抱いていたレジの仕事をする自分に、少し自信が持てるようになってきました。

何分かおきにいらっしゃるお客様に笑顔で挨拶して、どんどん商品をスキャンして、会計をしているうちに、気がつくと1~2時間経ってしまっている。そんな状況を楽しんでいる自分がいることに、ある日気づいたのでした。

勿論、失敗することも多々あります。引きずって落ち込むこともしょっちゅうです。

今は、何も失敗しない完璧な日の方が珍しいぐらいです。

けれど、もし過去にタイムスリップして、研修が始まった3月頃のあの自分に会えたら、今の自分の姿を見せてあげたいです。そしてこう言うんです。

「大丈夫、君は出来るようになっているから!」

そして同時に思うのです。

あと1ヶ月、半年、1年、もっと経った未来の私は、今の自分からどれだけ進歩しているのだろう。どんな姿を見せてくれるのだろう、と。

そう考えると不安混じりではありますが、今は自分の将来が楽しみです。