ゆりゆりぐさ

要するにブログだな。

○○世代(お題スロットチャレンジ・5月)

お題「○○世代」

だいたい検討がついている方も多そうですが……(笑)

私はいわゆる「ゆとり世代」もしくは「さとり世代」と呼ばれる世代の者だと思っていただければ良いと思います。

授業時間数や内容が削減された、いわゆる「ゆとり教育」を受けてきた世代で、バブル経済の頃の日本の話をされても全くピンとこない。カルチャーショックめいた驚きしか覚えないといった感じです。

 

そんな私がある日、なんとなくテレビをつけた時のことです。

とあるトークバラエティが放送されていて、ゆとり世代の特集をやっていました。

そうしましたら、ゆとり世代の代表と銘打って出演したゲストさんが……

まぁ~誰彼構わずタメ口聞くわ、終始ヘラヘラしっぱなしだわ、やたら若者言葉を連発するわ……

私はあまりに恥ずかしくて見ていられなくなり、チャンネルを変えるか、テレビの部屋から出るかしました。

「あんな内容を公共の電波に乗せたなら、同世代が皆あんな感じみたいに思われるじゃない!しっかりした子達だってたくさんいるのに!

偏見が植え付けられるのは嫌だ!社会中から誤解されたら、たまったもんじゃない!」

実際私以外にも、その日の番組を見て不快な思いをされた同世代の方々は多数いたようで、苦情も多かったそうです。

ゆとり世代と呼ばれる人達でも、真面目に頑張っている人達はたくさんいるのになぁ。

そんな人たちのことをもっと取り上げてくれれば、社会の「ゆとり世代」に対する偏見も少しは無くなる…?

そうなれば「これだからゆとりは…」等の心無い言葉に傷つく若者たちも少しは生きやすくなる……?

 

という、ゆとり世代の一人の嘆きでした。

 

 

※4月のお題スロットチャレンジは、熊本地震レポのためお休みしました。