読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆりゆりぐさ

要するにブログだな。

環境問題と人間のあり方

ニュース 自然・季節

7月1日付けのニュースです。

マサチューセッツ工科大学などのチームが、南極に存在するオゾン層の破壊を表すオゾンホールがこの15年で400万平方キロメートルあまり縮小し「オゾン層が回復の兆しを見せている」と発表しました。

オゾン層は太陽からの有害な紫外線などを吸収し、地球の生態系を守ってくれるものですが、フロンガス等の影響で破壊が進んでいると言われ、1987年に採択された「モントリオール議定書」の中では、フロンガスの排出規制が強化されました。

日本の昭和基地人工衛星などから得た観測データをもとに解析・比較したところ、9月のオゾンホールの大きさが、ピークであった2000年から400万平方キロメートルほど回復してきたとのこと。世界規模で進んだオゾン層保護の取り組みが一定の効果を挙げているのではないかと言われています。

f:id:Yuri-La0x7z:20160704110647j:plain

2015年10月にオゾンホールの大きさが過去4番目の大きさを記録するなど、まだまだ予断を許さない状況ではありますが、地球は少しずつ回復に向かいつつあるようです。

 

というこのニュースを見た時、私は感動で震え上がりました。

「地球の環境を守るなんて、簡単なものじゃないと思っていた……本当に世界規模で一致団結すれば、この大きな地球をいくらでも良くすることができるんだ!」という希望を持つほどでした!

環境問題については小学生の頃から折に触れ学ぶ機会は多かったのですが、正直なところ規模が大きすぎて「個人でできることはあるかもしれないけど、大きな国が好きにやっていたらどうにもならない、悪くしかならないよ」としか考えられないのでした。

オゾン層の問題も、そうして学習してきた環境問題の1つ。

しかし、その一つがこうして解決の兆しを見出されたことで、私の環境問題観は大きく変わることとなりそうです。

世界中が本気で一つになれたなら、きっともっと色々な環境問題も解決できる。酸性雨も、水質汚染も、生態系の変化も、地球温暖化も。。。

だから、そのためにも、まずは自分がもっと積極的になろう!

命を謳歌できる、たった1つの惑星を守るために。

 

 

  ~ニュースソース~

www3.nhk.or.jp

www.hazardlab.jp