ゆりゆりぐさ

要するにブログだな。

東山魁夷展レポ

今日は、九州国立博物館で開催されている特別展「東山魁夷 自然と人、そして町」を見に行って参りました!

テレビのコマーシャルやアート番組の中で度々この展覧会の宣伝を見て、紹介された作品の美しさに惹かれ「これ、見に行きたい!」と強く思ったのでした。

それがお盆前の話。

にわかに忙しくなり、お盆を乗り切り、仕事から疲れて帰る日々が続いてもなお「見に行きたい」という気持ちが治まることはなく、いつしか「これは、見に行かないと絶対後悔するやつだ!」と気づいたのでした。

 

東山魁夷は、戦後活躍した日本画家。

戦時中の訓練、家族との死別など人生の様々な苦難の最中に見た自然の美しさに心打たれ、以来自然をモチーフにした多くの名画を残しました。

作品の多くに青もしくはそれに近い寒色系が使われていることから「青の画家」とも言われているのだそう。

実際に90歳で没した魁夷絶筆作となった作品も、青と静寂の漂う世界でしたし、

私が見たたくさんの絵画の中でも、特に印象に残った絵画にはやっぱり何かしらどこかに青い色が使われていました。

 

そんな作品の数々を見て思ったのは、魁夷の作品は崇高な芸術でありながら、一方でどこか「上質な絵本」の一場面を見ているかのような温かみや優しさすら感じたことでしょうか。

どこか特定の場所で取材こそしていても、木の葉や石などの材質の細かい表現を抑え、時には余分な一部の建造物や地形を無くすことで、描かれた場所の象徴度を高めていたそうなのですが

描きこみ過ぎず柔らかく表現された風景の数々は、確かな色彩と相まって、より心象風景として心に迫りくるものがありました。

いつの間にか私の魂は身体を抜け出し、キャンバスを通り抜けた先にある、森の木々の葉擦れあう音、そこにさらさら流れる水の音を聞き、山地に吹く風の音や鳥の声を感じ、空気も凍てつく雪景色の中に佇んでいるのでした。

湖や霧の中で深呼吸すれば、少し湿っぽくひんやりした空気すら感じました。

どうやら私は絵を鑑賞する時、時代背景や作意などバックグラウンドを理解するよりも、ただ絵の世界にどっぷり入り浸るタイプみたいですね。。。( ̄▽ ̄)

 

しばし雄大な自然の旅を楽しみ美術館を出ると、すっかり心洗われた思いでした。

このところお盆の反動で休みが多い勤務が続いていましたが、

そんなちょっとした夏休みの、素敵な思い出ができました♪