ゆりゆりぐさ

要するにブログだな。

パラリンピック浸透のために考える

熱戦の続いたリオデジャネイロオリンピック、そしてパラリンピックも終わりましたね。

皆様、その後睡眠はきちんととられているでしょうか?(笑)

 

今年はパラリンピックについて、例年以上に注目することの多い年になったように感じています。

どうやら以前よりも、関連番組を放送する時間が拡大されたようなのです。

実際、これまでNHKでは教育テレビでしか設けられなかったパラリンピック特集番組が、今大会からは総合チャンネルの方でも放送されるようになりました。

NHKアーカイブスの中でちらと聞いたのですが、これは2020年の東京大会に向けて、日本国内での認知度を高めていくための取り組みの一環だというのです。

私も職場で休憩中に、パラリンピックの特番を目にすることが度々ありました。

ゴールボールの試合(の、おそらくハイライト)を見ていて、聴覚のみを頼りに行われる駆け引きのアツさや、転がしとバウンドを織り交ぜたボールの巧みな投てきに、熱中して危うく時間を忘れるところだったのを覚えています(^^;)

 

こうした放送時間・枠の拡大であったり、障がいのある人を対象にしたパラリンピック種目の体験会など、いま様々な取り組みがなされていますが、

私はふと思いました。

いわゆる健常者と呼ばれる人達にも、こうした競技を体験できる機会が設けられれば、より社会全体で関心が高まり、パラリンピック、ひいては障がいのある方々への理解に繋がるのではないかと考えたのです。

実際に私はゴールボールの試合映像を見ていて、手に汗握り、引き込まれました。

また母は、ボールをいかに的に向かって正確に投げられるかを競うボッチャという競技の存在を知って「障がい者じゃなくても、例えば普通にお年寄りのレクリエーションにもいいかもしれない」と言っていました。

こうしてパラリンピックの競技を知って、少しでも何かしらの関心を持ったのは私たちだけではないでしょう。

これはせっかくのいい機会かもしれないのに「パラリンピック競技は障がいのある人が対象だから……」ということでブロックされてしまっては、それこそお互いの世界を理解し合うことも難しくなるでしょう。

もちろんたくさん課題もあります。目隠しして行う競技は危険が伴うので、簡単に体験というわけにはいかないでしょう。

しかし、体験できそうな競技選びであったり、初めてやる健常者の体験用にルールを緩和して安全確保のうえで実施…など、方法はいくらでも考えられると思います。

是非とも人類の英知を結集し、4年後また帰ってくる平和の祭典の理念が実現される世界になってほしいと、切に願わざるを得ません。