ゆりゆりぐさ

要するにブログだな。

九州北部豪雨レポ

今月5日頃から、私の住まう地域で断続的に大雨が降っています。

おかげ様で私ゆりらの自宅は、何の被害も受けていません。ただ、自宅の裏の小さな川が氾濫し、一時そこら一帯が湖のようになりました。

特に降水量が多く甚大な被害が出た朝倉という所は、私の住まいから1kmほどしか離れていない、よく知っている対岸の隣町なので、報道で大変なことになっていると伝えられる度に絶句しています。

この記事を書いている今日は雨も小康状態で、ヘリが飛行する音がひっきりなしに聞こえています。二階の自室から朝倉方面の山を見ると、山崩れの跡がそこかしこに見えていて、いかにすごい雨だったか思い知らされます。

 

働き始めてからこうした災害は初めて経験したのですが、思わぬ形でその被害を痛感することになりました。

降り始めた日に店内の作業場の一部に水が入り込み、排水や掃除のために従業員みんなで駆け回る大騒ぎになりました。

その日は大雨を理由にいつもより早く閉店になりましたが、帰ろうとする時間帯に次々と避難指示やら川の氾濫危険水位越えなどの情報が入り続け、車で帰るのに相当ヒヤヒヤしていました。

そして前述のとおり自宅裏が湖と化していたため、自宅に帰りついても車を車庫に入れられず、空き地に止めさせていただいていました。

翌日なんとか安全を確認して出勤したものの、他の従業員さんの話題は「○○さんが大雨で道が通れなくて来られないらしい」とか「△△さん、実家の家族と連絡が取れなくなっているらしい」といったことで持ち切りでした。

自分の部門にも雨のために来られないパートさんがいたため、その方の代わりに休日出勤し(代休の予定無し)4日から昨日まで一週間出ずっぱりでした。身体がなんとなく重いです。

家が流されたという同期の女の子がいて、彼女は怪我も無かったようですが仕事を辞めざるをえなくなってしまったと聞きました。

高速道路が使えないために多くの車が一般道に集中しているので、しばらく渋滞に悩まされながら出退勤する日々が続きそうです。

最近、喪服のような礼装のお客様を見かける度に「ああ、もしかして今度の豪雨で家族や親戚の方を亡くされてしまったのかな。。。」と考えてしまいます。

 

被災地は山の中にある地区も多く、人命救助や支援の活動は難航しています。ヘリでの活動にも限界があります。一刻も早い道路や交通網の復旧が待たれます。

少しごちゃごちゃとしてしまいましたが、私の状況を伝えさせていただきました。

時々、晴れ間や青空が見えることもあります。元気です。