ゆりゆりぐさ

要するにブログだな。

ミートピアから考える「Miiもの」の魅力

仕事の合間に絵を描いたり、時にはゲームにもいそしんだりしている今日この頃。

今回は私が今、猛烈にハマっているゲームのお話です♪

Miitopia(ミートピア)

Miitopia(ミートピア)

 

自分や誰かにそっくりな人間のキャラクター・Miiが、勇者や王様、魔王がいたりする、『ドラゴンクエスト』辺りを思わせる王道ファンタジー世界を冒険するRPGゲーム。

f:id:Yuri-La0x7z:20170602163326j:plain

最大の持ち味は、その主人公やら仲間やら魔王やらといった登場人物の役を、なんと全て自分の好きなように配役できてしまうこと!

自分を主人公に、友達を仲間に、好きなあの人をお姫様に、そして魔王は……限りなく自由な自分だけの物語が楽しめるというわけです!

私はもちろん自分を主人公に、身近な人や好きなキャラクター、『トモダチコレクション新生活』(以下:トモコレ)の住人などを配役して遊んでいます♪^^

f:id:Yuri-La0x7z:20170321114520j:plain

私は同じようにMiiが主役のゲーム「トモコレ」なんかも大好きでたくさん遊んでいるのですが、なぜこんなに自分はMiiのゲームが好きなのだろうとふと考えました。

Miiもの」とでも呼ぶべき作品たち特有の面白さとは、いったい何なのでしょうか?

f:id:Yuri-La0x7z:20170222211215j:plain

基本見守り、時々ちょっかい

このゲームは、フィールドの移動や戦闘がほぼ全て自動で行われます。

予想外の出来事がどんどん起こります。

攻撃しようとすると手助けやはさみうちに馳せ参じてくれたり、大技を決めてほしいのに普通に攻撃したり、ダメージを受けた人に「だいじょうぶ?」と声をかけたり、ケンカ中の仲間が敵を巻き込んで大ゲンカを始めたり……書き始めるとキリがありません。

プレイヤーは「○○グッジョブ!」とか「おいおい何やっとんねん?!」などと思うわけです。

f:id:Yuri-La0x7z:20170711172000j:plain

f:id:Yuri-La0x7z:20161225224024j:plain

プレイヤーが出来ることといえば、魔法の粉をふりかけてサポートしたり、道中の宿屋で部屋割りや食事といった世話をやいたり。(ちょっかいとかお節介とも言う)

これは、島で巻き起こる人間ドラマを覗くように楽しみ、たまに悩み解決やプレゼントで島の住人をお世話する「トモコレ」の流れとよく似ています。

「見守り」と「ちょっかい」という2つの要素とその絶妙なバランスが、こうしたMiiものの面白さの肝になるのかもしれません。

f:id:Yuri-La0x7z:20170316153840j:plain

f:id:Yuri-La0x7z:20170114164410j:plain

現実と同じでも正反対でも、面白く愛おしい

このゲームでは自分や仲間のMiiに、性格を設定することができます。それによっても色々面白いことが巻き起こります。

例えば慎重な性格だと「ちょっと待って…」としっかり準備して攻撃しようとしたり、天然な性格だと敵と遊び始めたり、マイペースな人だと味方の後ろに隠れて攻撃をかわしたり。

これが自分の知っている人だと「○○さんならやりかねない!」と笑えること請け合い。

逆に自分の知る限りで仲の悪い2人が共闘したり、仲の良い2人がいがみあったりすると「おぉ、こんな2人見たことない…」と、それはそれで面白いことになるわけです。

冒険仲間以外にも、例えば王子と貴族の男の子がお姫様を取り合いなんていうドラマも満載!もちろん自分が面白いと思う人で楽しめます(^^)

何が起きても許せて楽しめてしまうことも、Miiものに欠かせない大切な持ち味だと感じています。

f:id:Yuri-La0x7z:20170511180916j:plain

ゲームによってはプレイヤーの代理を表すただの顔アイコンのような扱いを受けることもあったMiiですが、「トモコレ」やこの『Miitopia』の盛り上がりによって、今や意思を持つ1キャラクターとしての地位を確立しつつあるように思います。

これからこの「Miiもの」の面白さが、より多くのゲームファンを魅了してくれることを願ってやみません。

f:id:Yuri-La0x7z:20170528212804j:plain

 

 

↓気になった方はこちらの公式紹介映像もご覧になってみてください♪↓

www.youtube.com