ゆりゆりぐさ

要するにブログだな。

2つのおでかけ

平成最後の夏も終わりますね。読者の皆様はいかがお過ごしでしょうか。

私は例によってお盆商戦が待っておりましたが、それを乗り越えた後、立て続けに2つのお出かけがあったので、その思い出を書かせていただこうかと思います。

 

25日(土)

この日、私が卒業した高校の同窓会総会に出席しました。

私が同窓会のクラス代表役員になっていたからというのもありますが、お世話になった先生が講演にいらっしゃるとの一報を受けて、聞きにいったのです。

その先生はもう80代を越えており、卒業した高校が昔の名前だったころにお勤めでした。当時私の担任だった先生が、私の大学入試の志望理由書を添削するためにご紹介いただいたのでした。

先生と実際にお会いしたのは在学中に1度きりで、大学時代や社会人になってからはずっと手紙で交流を重ねていました。

教職員として高校で過ごした日々や、定年後の生きがいや暮らしを語られた先生のお話は、生き生きとした素晴らしいものでした。出席された他の同窓生の方とともに、笑ったり頷いたりしながら聞き入りました。

前の比較的目立つ席に座っていた私に、先生はすぐ気づかれたそうです。そして、講演後にご挨拶した時も「お勤め、頑張ってね」と言ってくださりました。

後日送らせてもらった感想の手紙にも「私の講演をどんな気持ちで聞いてくれたのか分かって嬉しい」と、お褒めの言葉をたくさんいただきました。

同窓会や講演が終わった後、今度は担任の先生とかつての教え子の方、そして私の3人で、市内の小さな食事処で食事をしながら語り合いました。先生のイチオシだった人生初のグリーンカレーは、辛みが効いてておいしかったです。自然と近況や今後等の話も弾みました。

2人の恩師の先生との交流を通して、仕事で忙殺されていた心が潤いを取り戻して伸び伸びしていくのを感じました。

SNS等での、顔を合わせることのない関わりが珍しくないこの時代、顔を合わせて話せる人との関わりを大切にしたいと思います。

 

29日(水)

博多で開催されていた、U-FES Museumとcafeに行って来ました。

YouTubeに動画を上げて活動している人気YouTuber。そんな皆さんが毎年一堂に会するお祭りイベントU-FESの歴史を振り返る展示会U-FES Museum、そしてYouTuberの皆さんがプロデュースしたカフェメニューが食べられるというU-FES Museum cafeが、全国5か所で開催されたので、博多会場のイベントに足を運びました♪

こちらは写真があるので掲載しますね(*^^*)

f:id:Yuri-La0x7z:20180902123001j:plain

博多の書店内で開催されていたU-FES Museumの入り口の写真です。

中には写真パネルや映像、実際にYouTuberのみなさんが動画・イベントで使用した衣装や小道具などが展示されていました。「あ、これあの人があの動画内で作った物だ!」みたいな感動を味わいましたね~(^^)

f:id:Yuri-La0x7z:20180902123523j:plain

f:id:Yuri-La0x7z:20180902123534j:plain

こちらは天神パルコ内のスイーツパラダイスで開催されていたU-FES Museum cafeでいただいたメニュー。福岡限定メニューの釣りよかパスタ(コラボ元:釣りよかでしょう)と、鳥。(コラボ元:Fischer’s)の2品です。

パスタは、ふんだんに使われた魚介のうまみを感じられてとっても美味しかったです。鳥のから揚げは全く違う3種類の味が楽しめる、食べるごとに驚かずにはいられない楽しい一品でした。大満足です♪

ミュージアム・カフェどちらも、若い人でいっぱいでした。カフェでは来店したほとんどの人がYouTuberコラボメニューを注文しており、店内でも「あ、○○さんの映像だ!」などという会話を頻繁に耳にしました。

今や動画サイトは、テレビやラジオと比べても負けない、若者文化をリードする存在になっていて、YouTuberと呼ばれる動画投稿者さんは、タレントの新しい形・あり方を示しているんだと強く感じたものでした。

 

過去を尋ね、今を巡る。

私の”夏休み”を彩ってくれた、対照的と言っても過言ではない(かもしれない)2つのお出かけの思い出は、私を大きく広げる糧となるような気がしています。